ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『iPhone 6』の出っ張りカメラレンズが陥没してしまう症状発生!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月19日に発売したばかりの『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』。本体が薄くなった弊害としてレンズ部分が少し飛び出ている構造になっている。これは発売前からのリーク映像でも噂になっていたが、発売された『iPhone 6』『iPhone 6 Plus』も実際に飛び出ている。飛び出ているといってもミリ単位なので気になるほどでは無く、ポケットにしまう際に引っかかることも無いだろう。

しかしそんなレンズ部分がへっこんでしまうという脆弱性が発覚した。なんとなんと堅い物に挟んでぎゅっと圧縮してしまうとレンズ部分が押し込まれてしまうようだ。

上記の写真が試作機なのか実際に販売されているものかは不明だが、こんなことが起きないように薄いケースに入れておくことをオススメする。そもそもこのカメラ使えるのだろうか? 仮に使えたとしてもフォーカスがあわなくなったりと不具合が生じそうである。

今ネット上では『iPhone 6 Plus』が曲がってしまうという症状がユーザーより多数報告されている。これだけ薄く大きいとポケットに入れた際の圧で曲がることはアップルは想定できなかったのだろうか? 小柄な日本人でさえ曲がってしまうのだから欧米人ならこの症状もかなり多そうである。

特に『iPhone 6 Plus』ユーザーは丈夫なケースに入れて持ち歩こう。折角薄いのに分厚いケースに入れるなんて本末転倒である。

話題の『iPhone 6』で画面の端っこまで指を届くようになるケースが注文可能に!
http://getnews.jp/archives/672421

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP