体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

向上著しいスマートフォンのカメラ機能で差がつくのはどこだ? 最新スマートフォン6機種を比較

向上著しいスマートフォンのカメラ機能で差がつくのはどこだ? 最新スマートフォン6機種を比較

「もうコンデジはいらない」とまで言われるぐらい、カメラ機能の向上が著しい最近のスマートフォン。実際、1300万画素以上の有効画素数は当たり前、HDRなど高度な撮影機能も搭載されるようになり、ある意味どれもそれなりに高いレベルでカメラ機能は横並びになってきています。ガジェット通信は発売直後の『iPhone 6』とAndroidスマートフォン夏モデル5機種の計6機種で、カメラ機能がどこまで進化してきているのかレビューを実施しました。カメラ機能でどこに差がつくのか、見ていきましょう。

今回のレビューに使用したのは、次の6機種。いずれも各メーカーの最新機種となっています。

『GALAXY S5 SC-04F』:ドコモから5月15日に発売
『Xperia Z2 SO-03F』:ドコモから5月21日に発売
『AQUOS XX 304SH』:ソフトバンクから5月23日に発売
『isai FL LGL24』:auから7月18日に発売
『HTC J butterfly HTL23』:auから8月29日に発売
『iPhone 6』:3キャリアから9月19日に発売

6端末のカメラ機能をスペックから比較

まず、スペックから各端末を比較していきましょう。『iPhone 6』の800万画素を除けばいずれも1300万画素以上で、『Xperia Z2』に至っては2070万画素というスペック。オートフォーカスの速度やHDR機能、レンズで多少の差が出てきそうですが、『HTC J butterfly』の2レンズという仕様は異色ですね。

GALAXY S5

GALAXY S5

メインカメラは約1600万画素で、最大撮影サイズは5312×2988ピクセル。高速オートフォーカスが特徴で、フォーカス速度は『GALAXY S4』の約1秒に対して約0.3秒に高速化しています。HDR機能、撮影した写真の背景をぼかす『選択フォーカス』機能を搭載。

Xperia Z2

Xperia Z2

メインカメラは約2070万画素で、最大撮影サイズは5248×3936ピクセル。F2.0、広角27mmの『Gレンズ』、高感度イメージセンサー『Exmor RS for mobile』、画像処理エンジン『BIONZ for mobile』を搭載。

AQUOS XX

AQUOS XX

メインカメラは約1310万画素で、最大撮影サイズは4128×3096ピクセル。動きのある被写体にも強いリアルタイムHDR機能、F値1.9のレンズを搭載。

isai FL

isai FL

メインカメラは約1320万画素で、最大撮影サイズは4160×3120ピクセル。カメラ機能は強く訴求していないのか、ほか詳細情報は不明。

HTC J butterfly

HTC J butterfly

メインカメラは約1300万画素で、最大撮影サイズは4208×3120ピクセル。メインカメラにレンズを2つ装備した『DUO CAMERA』が特徴で、もう1つのカメラが被写体との距離を記録。撮影後に『UFocus』と呼ばれる機能でフォーカス選択が可能。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会