体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネタバレ注意】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』クロスレビュー/こんなに粋で優しい映画があっただろうか!

エンタメ 映画
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

『アベンジャーズ』のマーベル・スタジオ最新作である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が9月13日(土)より公開となり、週末2日間で動員17万6233人、シルバーウィークも後押しし、大ヒットを記録中です。

この『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、2014年ナンバーワンだと映画サイトの口コミでも話題であり、「この映画を観ずには2014年は終われない」と皆(筆者の数少ない友人たち)も口を揃えて話す大傑作なのだ。そこで、今回は本作を観た記者・映画ファンたちの感想をクロスレビュー形式でご覧いただきたい。祝日の今日でも良し、レディースデイの明日でも良し、週末だってもちろん良し。とにかくこの一本を見逃すな!

映画クロスレビュー『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。

監督:ジェームズ・ガン
製作:ケビン・フェイグ

クリス・プラットスター・ロード(日本語吹替・山寺宏一):ピーター・ジェイソン・クイル
ゾーイ・サルダナ(日本語吹替・朴璐美):ガモーラ
デビッド・バウティスタ:ドラックス
ビン・ディーゼル(日本語吹替・遠藤憲一):グルート
ブラッドリー・クーパー(日本語吹替・加藤浩次):ロケット

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』公式サイト
marvel-japan.jp/GOG/

「SF活劇にワクワク、厚い友情に心が洗われる」/♪akira

アメコミ原作だし…とか、SFって難しいかも…とか躊躇しているそこのあなた! 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、老若男女関係なく、観ればだれでも胸が熱くなる映画です!
たとえばお父さん(40代後半)、お母さん(40代前半)、叔父さん(30代)、長男(中学生)、長女(小学生)の5人で観たとしましょう。お父さんは『スター・ウォーズ』に夢中だった学生時代を懐かしみ、お母さんは憧れの先輩にウォークマンで10ccを聴かせてもらった思い出に頬を赤らめ、マーベルファンの叔父さんはジェイムズ・ガン監督の職人魂に感動し、長男はちょっと前まで真剣にTVで戦隊ヒーローを応援していた感覚がよみがえり、長女はこのアライグマはちょっと怖いけど木の友達と仲良しでいいな!触りたいな~とキャラ萌え。そして最後はみんながあのチームの活躍を手に汗握りながら見守っているはず。
名前が覚えられなくても、「おにーちゃんと青い人とアライグマと木とオッサン」だっていいんですよ! 
名作と謳われる『アベンジャーズ』や『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』はもちろん文句無しに素晴らしいですが、ヒーローの胸がすくような活躍を遠巻きに拝む、という感じなのに対し、登場人物(動植物含む)と一緒に冒険をする感覚が味わえるという点では、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の右に出るものは無いのではないでしょうか。SF活劇にワクワクしたい人、厚い友情に心が洗われたい人は今すぐ劇場に駆けつけましょう!

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会