体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地方のまちを変える「TSUTAYA図書館」改装1年後の効果は!?

【画像2】2階キャットウォークから見た武雄市図書館。1999年建築の既存図書館を利用して改装した。(写真撮影:村島 正彦)

「ここが図書館!?」。館内に一歩足を踏み入れると、誰もがそう感じるに違いない。平置きされた雑誌や書籍、洒落た照明、コーヒーを片手に読書を楽しむ家族連れ。

2013年4月に改装オープンした武雄市図書館だ。TSUTAYAを運営する株式会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として図書館運営に当たる。図書館内には、書籍販売や音楽・映像レンタルショップの蔦屋書店とスターバックスコーヒーが併設されている。

改装オープン以来、地方の公立図書館の新しい試みとして、新聞・テレビをはじめメディアで広く紹介された。この「TSUTAYA図書館」について知らないという人は少ないのではないか。その知名度もあってか「田舎暮らしの本」を発刊する宝島社が毎年行う2014年版「住みたい田舎ランキング」の第2位に武雄市が選ばれた。

【画像1】武雄市図書館外観。1999年建築の既存図書館を利用して改装した(写真撮影:村島 正彦)

【画像1】武雄市図書館外観。1999年建築の既存図書館を利用して改装した(写真撮影:村島 正彦)入館者は3.6倍。県外を含む遠方からの来館も

この図書館は、人口5万人の田園風景の広がる佐賀県武雄市にある。併設の駐車場には、夏休みに入ったこともあるだろうが、九州隣県や本州を含む県外ナンバーのクルマが4割ほど見られ、ほぼ満車の状態。1年間の来館者数は改装前の3.6倍に。改装オープン以来1年1カ月で入館者100万人を記録した。

武雄市教育部文化学習課の錦織賢二さんは「公共施設である図書館が知られるようになったことで、もとからある武雄温泉という観光資源とともに、武雄市への来街者が増えた」と、この一年を振り返る。

【画像2】武雄温泉のシンボル、武雄温泉楼門(1915年建築)。東京駅を手掛けた辰野金吾(佐賀県出身)による設計。国指定重要文化財で、昨年12月に修復された。東京駅ドーム天井の8つの干支レリーフと、温泉楼門の4つの干支とで、12の干支がそろうことで話題に(写真撮影:村島 正彦)

【画像2】武雄温泉のシンボル、武雄温泉楼門(1915年建築)。東京駅を手掛けた辰野金吾(佐賀県出身)による設計。国指定重要文化財で、昨年12月に修復された。東京駅ドーム天井の8つの干支レリーフと、温泉楼門の4つの干支とで、12の干支がそろうことで話題に(写真撮影:村島 正彦)

図書館がもたらした効果は3つあると錦織さんは語る。
1つ目は経済効果だ。
年間の来館者数は約92万人。そのうち約35万人が市外からの来館だと推計する。また、図書館への行政視察は1年間で約700件、7900人が視察に訪れた。市役所を通さない非公式な視察・見学も数多くある。「観光課では、宿泊や飲食などの消費が約20億円/年だと推計している」という。

2つ目は、市民への効果だ。従来は年間331日・10時~18時の開館が、民間による指定管理制度によって、365日・9時~21時開館へと利便性が大幅に拡大した。入館者・貸し出し数の増加にその効果が見てとれる。蔦屋書店の豊富な品ぞろえで「博多に行かなければ手に入らなかった雑誌・書籍に身近に触れられるようになった」。

そして「テレビ・新聞で取りあげられたこともあって、市民の自信や誇りにも繋がっているようだ。スターバックスの効果もあり、図書館がオシャレをして行く場、市外から来たお客さんを連れていくところになっている」という。この夏実施したアンケートでは、利用者の87%が改装後の図書館について「満足」と回答を寄せた。武雄市図書館をきっかけに、武雄市へ定住も

3つ目は、今後の展開や波及効果にあるという。
昨年の9月から図書館脇の広場で商工流通課とタイアップして、毎月第一日曜日に地元産品など中心にした「マルシェ」を開催してにぎわっている。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。