ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生のホラー映画ベスト3 【映画監督・鶴田法男編】「ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「ホラー映画のベスト3をあげるなら?」というシンプルながらも悩んでしまう質問を、映画関係者・著名人の皆さんにうかがっていく『ホラー通信』特別企画です。

映画監督・鶴田法男編

・『たたり』(1963) 監督:ロバート・ワイズ
・『第三の選択』(テレビ番組)
・『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』(1970) 監督:山本迪夫


<鶴田監督によるコメント>

『たたり』はとにかく怖かった作品の一つですね。
あと、あまり知られていないと思うんですけど、テレビ番組の『第三の選択』。「実は人類はすでに火星に行っていた」という体裁のドキュメンタリーで、フェイク・ドキュメンタリーの先駆けなんですね。作りものと知らせず、夜中にそれがいきなり放送される。高校二年のときに観たんですけど、怖かったですね。映画『Z~ゼット~果てなき希望』にところどころPOV映像を入れてドキュメンタリー風にしたのはその影響です。
もう一つは日本の作品で1970年の『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』ですね。山本迪夫さんという東宝の監督さんが撮られたサイコホラーです。これは子供のころに観て本当に怖かった。この3作ですね。

<鶴田法男監督プロフィール>
『ほんとにあった怖い話』シリーズを手がけ、“Jホラーの先駆者”と呼ばれる名監督。
夏帆が主演を務めた人気ホラードラマ『悪霊病棟』では総監督と脚本を務めた。
相原コージのゾンビ漫画『Z~ゼット~』を川本まゆ主演により実写映画化した監督作『Z~ゼット~果てなき希望』が2014年7月に公開。現在、劇場版から省かれたエピソードも収録した完全版のDVDボックスが発売中。

映画『Z~ゼット~果てなき希望』公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/z/
関連記事:ゾンビ感染が巻き起こす、滑稽かつ感動的なドラマ――映画『Z~ゼット~果てなき希望』相原コージ先生&鶴田法男監督インタビュー

[ホラー通信はこちら]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP