ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、円型ディスプレーのAndroid Wearスマートウォッチ『Moto 360』を正式発表、米国で6日正午より発売、価格は$249~

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Motorola Mobilityは9月5日、円型ディスプレーを搭載したAndroid Wear スマートウォッチ『Moto 360(モト・スリーシックスティ)』を正式に発表しました。

『Moto 360』は既に発表済みということで、発売スケジュールから先に紹介します。発売日は米国で本日(EST 12時正午~)です。Motorolaの直販サイト、『Google Play ストア』、『Best Buy』で発売されます。価格は、ブラック・レザーバンドと限定のグレー・レザーバンドの2モデルが$249(約2万5500円)。後日(晩秋)には2種類のメタルバンドモデルが$299で発売されます。日本での発売予定は不明です。

『Moto360』は、LEDバックライトの液晶パネルを円型にカットした円型ディスプレーが特徴のスマートウォッチ。円型ディスプレーを採用したことで、より腕時計らしい外観になり、アナログ時計のウォッチフェイスもよく合います。また、Android WearのUIはディスプレーの形状に合わせてレイアウトを変更しており、従来の角型ディスプレイの機種よりも見栄えがよくなります。

『Moto 360』のシャシーはステンレス製で、狭額縁デザインを採用しています。本体右側面にはPowerボタンを搭載。リストバンドは交換可能(22mm バンド対応)なのですが、本日発売される2モデルにはレザーバンドが付属します。また、『Moto 360』 はAndroid Waeerスマートウォッチで初めてワイヤレス充電に対応しており、付属の充電器に置くだけで充電することができます。

『Moto 360』の主要スペックは、1.56インチ320×290ピクセルの液晶ディスプレー、TI『OMAP 3』プロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、9軸センサー(ジャイロ、加速度、コンパス)、光学式の心拍センサー、320mAh バッテリーを搭載(丸1日は持つとのことです)。ワイヤレス通信機能はBluetooth v4.0のみ。マイクは2つです。IP67 レベルの防水・防塵にも対応しています。『Moto 360』はAndroid Wearを搭載しているので、Android 4.3 以降の Android スマートフォンで利用できます。
Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3(D6603) 23.0.A.2.9ビルドのプリインストールアプリや着信音・壁紙などを含むシステムダンプが流出
Motorola、フロントステレオスピーカーを搭載した5インチ低価格スマートフォン「The New Moto G」を発表、価格は$179~で本日発売
Motorola、5.2インチフルHDの有機ELディスプレイを搭載した新フラッグシップ「The New Moto X」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP