ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅の荷造りに便利なリストアプリ「Travel Butler」、ローカル情報の案内も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行や出張に付きものなのが荷造り。特に長期の海外旅行となると、荷物が増え、それなりの準備が必要になる。

必需品を忘れてしまっては、せっかくの旅が台無し。そこで、旅行前にスマートフォンなどに入れて活用したいのが荷物リストを作成したり、ローカル情報を入手したりできるiOSアプリ「Travel Butler」だ。

Travel Butlerは出発が近づいてきてから、荷物の最終チェックをするのに使う。行き先と日数、性別、旅行の目的(観光かビジネスか)を入力すると、衣類や洗面道具、書類など必要なものをリストアップしてくれる。

このTravel Butlerの賢いところは、行き先の天気などを考慮に入れて持ち物を提案してくれること。例えば旅行でハワイに行くと入力すれば、持ち物リストに水着やビーチサンダルといったものが入る。また、天気予報に基づいて雨が降りそうなときは雨具の持参を提案したりもする。

個人によって必ず旅先に持って行きたいものがあるだろう。例えば薬や、端末充電ケーブル、コンバーターなど。そうしたものはデフォルト設定して、旅行の度に必ずリスト表示されるように設定しておくと便利だろう。

その他の機能としては、Fpursquareを活用したローカルのおすすめレストランや観光スポットなども案内してくれる。気になるものを見つけたら、クリックするとレビューや地図を確認できる。

Travel Butlerによると、今後はローカルのイベント情報やツアー、交通機関の案内、レンタカー予約などの機能も加える予定という。ダウンロードは無料なので、旅行が多いという人は活用を検討してみてもいいかもしれない。

Travel Butler

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP