ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Zeebraがニコ生で解説「ここがおかしい風営法!」 クラブで遊ぶ意味を考える

DATE:
  • ガジェット通信を≫


【緊急特番】PLAY COOL PRESENTS ここがおかしい風営法!「 What’s 法 理論 !!」
9月7日(日)22時より、ラッパーのZeebraさんがスペシャルコメンテーターとして出演する、風営法の現状をわかりやすく解説する番組、【緊急特番】『PLAY COOL PRESENTS ここがおかしい風営法!「What’s 法理論!!」』がニコニコ生放送で配信される。

「クラブとクラブカルチャーを守る会」(以下、CCCC)の会長を務めるZeebraさんとレゲエミュージシャンのHibikillaさん、そして同会の顧問弁護士・藤森純さんらがゲストと共に、クラブに対する誤解や、それに伴う現行の風営法による問題などを討論していく。

もう一度クラブで遊ぶ意味を考え直す

「CCCC」は、クラブ固有の文化的価値と経済的可能性を振興し、社会と地域に貢献するためにクラブ事業者とアーティストやDJが連携して自主規制ガイドラインの策定やクラブ問題の解決に取り組む、Zeebraさんが会長を務める団体。

今回の番組は、「CCCC」が中心となって活動するクラブにおけるマナー向上啓発キャンペーン「PLAYCOOL」の一環として行われる。ゲストに読者モデルの刀根あゆさん、総合トークバラエティ番組『ニコジョッキー』代表のスパローズ大和さんが出演する。

2010年頃から強化された風営法の取り締まり。クラブでのマナーやそこから生じる様々な誤解や問題から、数多くのクラブが廃業を余儀なくされた。

そんな現状を変えるべく、ヒップホップ黎明期から常に最前線を走り続けるZeebraさん率いる「CCCC」が、もう一度クラブで遊ぶ意味を考え直す機会をつくり、クラブに関する討論を展開する。

引用元

Zeebraがニコ生で解説「ここがおかしい風営法!」 クラブで遊ぶ意味を考える

関連記事

川崎の元不良ラッパー・T-Pablowインタビュー 「HIP HOPに救われた」
ライムスターが京都精華大学で連続公開講座! “届く”ラップとは何か?
かしわ×EINSHTEIN 特別対談──関西の10代ラッパーが語る苦悩と可能性

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP