ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンコイン500円でフランス料理『ガレット』が食べられる! 恵比寿『GALETTE STAND』が登場!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


恵比寿駅から徒歩5分のところにある『GALLETE STAND(ガレットスタンド)』さんは、ワンコインの500円で本格的なガレットが食べれることが魅力のお店です。テイクアウトも行っており、気軽にガレットを楽しめます。

『GALLETE STAND』のガレット

ガレットはフランスのブルターニュ地方の郷土料理です。ガレットとは、“円く薄いもの”を意味しますが、特にそば粉でつくったもののことを指すことが多いです。フランス料理と聞くとちょっと敷居が高いと感じるかもしれませんが、このお店はなんと500円で気軽にガレットが食べることが出来ます。素材にも焼き方にもこだわった本格的なガレットをこの価格で食せるのは大変魅力的です。物足りない方はプラス100円でビッグサイズもオーダーできます。

『ガレット コンプレット』 値段:500円(税込)



ハム、卵、グリュイエールチーズのガレットです。サクッとした生地を口に入れると、ジュワーっと具材の味が口の中に広がります。一口食べて「美味しい!」と声をあげてしまいました。生地も優しい味で美味しいです。それもそのはず、店長のご実家がある長野県の有機農法で作られたそば粉を使ったガレットなのです。

『ガレット カプレーゼ』 値段:500円(税込)


モッツァレラチーズとトマト、それにアクセントとしてバジルを加えたガレットです。ランチにもディナーのおつまみにもおすすめな一品。モッツァレラとトマトの組み合わせだけで食した経験はありますが、ガレットとともに食べるのは初めて。意外な組み合わせだと感じたのですが、とても相性がいい。美味しいです。

テイクアウトのこだわり



「食べやすいように、ガレットの包み方にこだわったんです!」と言うのはGALETTE STAND経営企画の高橋さん。通常、ガレットはクレープのような包み方をすることが多いですが、GALETTE STANDではハンバーガー用の包み紙を使用しているのです。仰る通り、とても食べやすいですし、食べきらなかった場合は包み直すこともできます。テイクアウト用は若干硬めに焼いてあり、具材の水気が包み紙に滲み難くなっています。

ガレットに合うお酒、シードル


シードルはりんごのお酒で、フランスではガレットに合うお酒として好まれているそうです。GALETTE STANDでは、シードルを始めとしたガレットに合うお酒が取り揃えられています。

詳細情報

店名:GALETTE STAND
電話:03-6277-0790
場所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-9-5 マンションニュー恵比寿1F
営業時間:
ランチタイム:11:30〜14:00
カフェタイム:14:00〜17:00
ディナータイム:18:30〜24:00
テイクアウト:11:30〜17:00
定休日:なし
アクセス:恵比寿駅から徒歩5分
店舗情報:http://www.galette-stand.com 

メニュー:
本日のガレットセット 880円
本日のキッシュセット 980円
本日のお肉セット   1200円
※セットにはサラダ、スープ、ドリンクがつきます。
 プラス100円で特製デザートも付けることが出来ます。
ガレット 500円
サラダ  300円
スープ  200円
ドリンク 250円(オーガニックコーヒー オーガニック紅茶など)

※データ・掲載情報は取材日時のもので、変更されている場合があります。

白濱優子の記事一覧をみる ▶

記者:

白濱優子。コミュニケーション・デザイナー。名古屋生まれ。29歳。 ファッションデザイナー、法律事務所勤務を経て、アプリ制作会社の広報担当に。ある日、ふと思い立ち「会いたい人に会いにいく10日間」を実行するために休職し、名古屋から全財産4万円を持って上京。金もコネもないところから10日間で30人のスペシャリストに会い、インタビューを敢行。その体験を出版する為に目下準備中。現在は、独立しクリエイター系シェアハウス「TOLABL」の広報を担当。 http://shirahama.ourworks.info/ http://www.tolabl.com/

ウェブサイト: http://shirahama.ourworks.info

TwitterID: @hapilypapily

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP