ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中が注目!美少女イラストで有名な横浜出身イラストレーター「左さん」を徹底解剖!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

横浜出身のイラストレーター、左さんを徹底解剖して下さい。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
日本のみならず、世界中が注目している新進気鋭のイラストレーター。地元・横浜を愛し、横浜から世界中にイラストを発信している注目のアーティスト。

左先生って、どんな人?

横浜出身のイラストレーター、左(ひだり)氏。

実は筆者は昔、出版社に務めていたころコンタクトを取ろうとしていたことがある。当時、優れたイラストレーターを探していたが、その基準が・・・

見たことのない構図が描ける人。
光の性質を知っていて、奥行きを感じられる絵が描ける人。
見た瞬間に、その絵のなかのストーリー性が読み取れる絵が描ける人。

・・・この3つを持ったイラストレーターが左先生だった。


アニメ『フラクタル』(アスミック・エースエンタテインメントより
BD & DVD発売中) (C)フラクタル製作委員会
どうです? ピッタリだと思いませんか?

当時は叶わなかったものの、約10年の年月を経て会うことができるとは。
間違いなく、同年代のイラストレーターのなかでトップを走っている左先生にいろいろ聞いてみたい。仕事のこと、そして横浜のこと。そんなインタビューを敢行しました!

待ち合わせは横浜駅相鉄口の交番前。時間ピッタリに訪れた左先生。


写真はちょっと・・・とのことで、こちら自画像(寿司!)

大人気のイラストレーター、左先生には日本どころか世界中に大勢のファンがいる(ボーカロイド“初音ミク”のジャケットイラストとか、左先生の印象が強い人もいるんじゃないかな・・・)。
そんな方々のために顔を出せない左先生の印象をサービスで記述すると、好青年です、先生。あと喋り方を聞くと「あっ、賢い人だ」と必ず思うはず。引用や喩(たと)えが的確で、着地点が分かり易く頭に入ってくる。そんなお方ですよ!


左先生の描いた『初音ミク』
EXIT TUNES PRESENTS Vocalofuture feat.初音ミク(品番:QWCE-00310)
2013年11月06日 発売
(C)Crypton Future Media, INC. 『piapro.net』 http://piapro.net/ja.html

「では、こちらです」と先導され、先生のお宅へ。

横浜駅からほど近いマンションが自宅兼、アトリエ。(筆者的に一言=「スゲェ!」)
シックで落ち着いた雰囲気のキレイなお宅。
訪れたらきっと「わぁ・・・」とか、外国人なら「Cooooool!」って言います。


ファンから贈られた“自画像オブジェ”があった


ワニマガジン社『季刊GELATIN 2011 春』より

まず最初にイラストレーター・左先生をご存じない方のために、どういった方なのかお話しをしましょう。
主に“美少女イラスト”などで有名な左先生は、主な活躍の場として小説やゲーム、CDジャケットなどの表紙イラストを執筆。そしてゲームやアニメーションなどのキャラクターデザインを執筆することも。


コーエーテクモゲームス*1『討鬼伝(とうきでん)』より。
キャラクターデザインを担当

*1:「日吉に本社を構えるゲームメーカー「コーエーテクモゲームス」ってどんな会社!?」 2014年05月14日 『はまれぽ.com』
http://hamarepo.com/story.php?story_id=2943

この日本発信の“クールジャパン”な文化を担っている一人として数えられており、日本はもとより世界中にファンを持つ気鋭のイラストレーターです。
彼の描くキャラクター如何(いかん)で、売り上げを左右する希有な存在。そんな方が、横浜に住んでいます。


台湾で出版された雑誌の表紙も飾った

1980(昭和55)年生まれの34歳。生まれは横浜市の金沢区。その後、瀬谷区、栄区へと転居を繰り返すも生粋のハマっ子。

まずはペンネームの由来、“左”について聞いてみよう。なぜ“左”なんでしょう?
「僕が“左利き”だということなんですが、いろいろと事情がありまして・・・」


左先生の左手

いくつか理由があるそうで。
「まず自身が左利きだったこと」や、「本名と同じ名字の友人がいて周りから“1号・2号”と呼ばれたり、利き腕を指して“右・左”と言われたこと」だったり、「学生時代によく通っていたゲームセンターにあった“コミュニケーションノート”(ゲームの話題を書き込んだりイラストを描いたりする交流ノート)に絵を描いて、イラストにサインとして“左”と書き込んでいたから」・・・だそう。


ゲーム文化には並々ならぬ熱いものがあるそうだ

デビューのきっかけは“同人”(既存の漫画やアニメなどをテーマに扱った“二次創作”作品などのこと)活動から。
描いた漫画やイラストをコミックマーケット、通称=“コミケ”で発表をしていたころ、雑誌編集者の目に留まり、商業イラストの仕事を始めたという。

「そのデビューのとき、名前をどうするか?・・・で普段使っていたペンネームの“左”と名乗ってしまい、2回目、3回目も“左”と名乗るうち定着してしまったのが理由ですね」

なるほど。漫画やイラストを描いたりと仰ってましたが、やっぱり小さいころから絵は得意だったんですか? 美術の成績も良かったり・・・。
「えぇ、それは。学生時代はトップでしたね」


幼いころから絵が好きだった

“好きなこと”を仕事にする。理想とも言えるが、実際はどうなんだろう?

「楽しいですよ、毎日。よくイラストレーター志望の方に言うんですけど、なるのは大変かも知れないけど、好きなことですから毎日楽しいことがありますよって。頑張りましょうって言ってます」

ご家族は「絵を仕事にすること」「好きを仕事にすること」に不安や反対は無かったんですか?
「ウチは応援してくれてましたね。昔からずっと絵を描いていましたし、幸いにも理解してくれてました。デビューしたときには、ホッとしたと思います」


アニメ『フラクタル』(アスミック・エースエンタテインメントより
BD & DVD発売中) (C)フラクタル製作委員会

アトリエと、作家の精度

19歳でデビュー。そのままトントン拍子にキャリアを重ねていったという先生。仕事場や創作にまつわることを聞いてみよう。自宅の一室を覗かせてもらった。


デスクは、こんな感じ


PCは2台


執筆は完全にデジタル。ペンタブレットを使用

写真では分かりづらいが、室内の照明が極力落とされている。これは使用する液晶スクリーンに光が反射しないよう暗くしているとのこと。

1日の仕事時間を教えて下さい。
「ほぼ丸一日ですね(笑)。睡眠や食事、入浴などの時間以外は、ほぼ仕事してます」
!! 大丈夫なんですか?
「仕事が詰まっているとき以外は、毎日ジョギングしてますし、仕事中もちょくちょく休憩を取ってたりしますから」

好きこそものの・・・。創作意欲がどん欲なのだなと実感する。


製作過程をチラリと・・・

上の写真のように、左先生の創作はすべてPC上で行っている。

アナログ人間としては、ただただ驚くばかりだ。デジタルで絵を描くきっかけは何だったんでしょう?
「2000(平成12)年くらいにコンピュータを手に入れて、ホームページを作ったりしていたんです。CGで絵を描くきっかけとなったのは、やっぱり学生のころなんですが、友人に見せてもらった雑誌のイラストがすごくキレイだったんです。パステル調で」


仕事場のデスク正面に飾られていたイラスト

「気になって友人に、“これはどうやって描いているんだ?”と質問したら、CGだと。当時、CGというとメタリックな感じがあったんですけど、えっ、こんな表現もできるんだ!・・・と驚きまして」

ここからコンピュータで絵を描くことに、どっぷりと浸かっていったという。
元々、漫画家になりたいという希望があり、カラー原稿よりも漫画のモノクロで描かれた絵(というか漫画はイラストの連続で何かを表現するもの)を得意としていたという左先生だが、着色をした美麗(びれい)なイラストを描く作家に変貌をしていったのだ。


利き腕と逆の右側には複数のマウスが

「それまではカラーに、さほど興味が無かったんですよ」

それがたった数年でトップにまで登るとは・・・。


背後からデスクを見下ろす位置に配されたスカル。すべての仕事を見ている

それでは、描く上で最も気をつけていることって何でしょう?
「艶、ですね。艶っぽさ。肌の質感が出るように気をつけています」


『つぼみ』(芳文社)表紙より

イラストは肌の部分に、ただ「肌色」を乗せれば終わり・・・にはならない。物とは違う「肌」というものを描くことは最も難しい作業の一つだ。イラストのなかで「生きてる」ものの肌を、私たちの持つ・知る肌を連想させて納得するものを描くのだ。

仕事場にお邪魔して目の前で、スクリーンのなかで、どんどん温もりのあるような人物ができてゆく光景が、すごく不思議に見える・・・。

横浜について。心が躍る場所に身を置きたい

横浜に、並々ならぬ想いがあるという左先生。ずばり、横浜で一番好きな場所を聞いてみると・・・。

「JRの横浜駅舎と五番街、その周辺です」
どんな思い入れがあるんでしょう?
「学校終わりとか休日に、電車に乗って横浜(駅)に行ってたんです。いろいろなものがあったんです。ゲームセンターや絵に使う画材を買いに訪れていました。好きなものが、たくさんあって、わくわくする場所なんで思い出深いんです」


混雑するJR横浜駅構内


わくわくする場所

確かに横浜駅界わいには何でもある。モノも人も、楽しいことだったり興味を惹かれて心躍る出来事だってそうだ。別に多摩川を越えなくても、勝手知ったる地元で好奇心を腹一杯に詰め込んで、知識の水を飲んだものだ(そんな方、多いんじゃないですか?)。

若いころ街が、自分の「血肉」になった。・・・何だか、学生時代を思い出す。

「実家を出て横浜駅のそばにアトリエを構えたのも、そんな思い出があるからなんです」
―わくわくする場所に、身を置きたかったと。
「はい!」


電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(:著/入間人間)
イメージアルバム『幻想の在処は現実』ジャケットイラスト

自分の仕事が大好きで、それを懸命に取り組んでいる人。言葉にするのは簡単だけど、出会ってみると何だかこちらまで嬉しくなってくる。
(あぁ、そろそろインタビューが終わってしまう・・・)

―一番最近のお仕事は何でしょう?
「横浜にあるゲーム会社、コーエーテクモさんのゲーム『討鬼伝 極(とうきでん きわみ)』に登場するキャラクターのデザインをしましたので是非、チェックしてください!」


コーエーテクモゲームス『討鬼伝 極』の新キャラクター・相馬

おぉ、コーエーテクモさん! はまれぽでも紹介しました! 北米やアジアマーケットでも好調なセールスを誇るゲームメーカーですよね。
左先生のイラストがまた世界に発信されるんですね~。


PS Vita/PSP用和風ハンティングアクションゲーム
『討鬼伝 極』は2014年8月28日(木)発売予定

【取材を終えて】

絵には実体がない。そして人の身体には“線”も無ければ“面”もない。そんな人物を、線と面で描き切ってしまう。また絵のなかで空間や光や風を、匂いや漂う空気感まで感じさせて、見たことのないものを見て誰かにまたそれを見せてくれる。そんな彼ら、モノづくりを画家とか絵師とか、イラストレーターやクリエイターと呼ぶ。

世界中が注目する、横浜から現れた才能は最も勢いのあるイラストレーターで、これからもっと、必ず大きくなる方だと実感する。

ぜひ「イラストレーター・左先生」を覚えておいて損はないですよ。
こんな方が横浜出身で、少し鼻が高いや・・・なインタビューでした!


電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(著/入間人間)
イメージアルバム『幻想の在処は現実』ジャケットイラスト

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP