体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失われた『兵庫県民歌』を求めて──1947年制定の県民歌はなぜ「存在しない」ことにされているのか?

兵庫県民歌発表音楽会

筆者は昨年11月、今から100年以上も前の1903年(明治36年)にある軍人が作った『兵庫県歌 我が軍旗』を紹介する記事を書いた。

未制定のはずの兵庫県歌が100年以上前に作られていた! その名は『我が軍旗』 – ガジェット通信

当然ながら、この『我が軍旗』は“私製県民歌”に過ぎず、公的に採用されたものではない。そして、筆者はこの記事を書いた時点では「兵庫県には未だ正式な県民歌は存在しない」と認識していた。ところが、その後も様々な資料を調べてみた結果「県民歌は存在しない」と言う県の主張は間違っており、1947年(昭和22年)に当時の知事が「正式な県民歌」として制定した『兵庫県民歌』が存在していたことが明らかになったのである。

『兵庫県民歌』の歌詞(前半)

『兵庫県民歌』は全4番から構成されている。ここでは、著作権法第32条の規定に基づき「報道・批評・研究」に必要な範囲として全体の半分に当たる1・2番を引用する。

兵庫県民歌 作詞:野口 猛 作曲:信時 潔

一、 わき立つ喜び 日本のあけぼの
   長夜(ちょうや)の眠りは さめたり今こそ
   大道(たいどう)開かる 布(し)く新憲法
   ゆくては明るし 民主の楽園
   いざわれら 共に起(た)たん
   建設の力ぞ われら わが兵庫

二、 あかるき海原 みどりの山々
   野の幸ひらけて 恵みはゆたかに
   のびゆく産業 港のにぎわい
   いさおは継ぐべし 国土にふたたび
   いざわれら 共にゆかん
   復興の先駆ぞ われら わが兵庫

(出典:神戸新聞・1947年2月19日付2面)

この楽曲は日本音楽著作権協会(JASRAC)のデータベースには登録されていない。そもそも登録されていれば現在のように県から制定の事実そのものを否定されることもなく、もっと広く存在を認識されていたはずである。

『兵庫県民歌』の制定経緯

現在では存在しないことになっている『兵庫県民歌』の制定を提唱したのは官選第32代かつ民選初代の兵庫県知事・岸田幸雄(1893-1987)である。1946年(昭和21年)に民間から異例の形で抜擢され、県下の敗戦処理を担う命を負った岸田は同時期に連合国最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)から東京都長官への勧奨で『東京都歌』の制定準備が進められていたことや宮城県と河北新報社が合同で“復興県民歌”を募集して『輝く郷土』を制定したこと、またその他にも複数の県で憲法普及会支部が翌1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行記念式典に間に合わせるべく新県民歌の制定準備が急ピッチで進められていた流れに着目し『兵庫県民歌』の制定を提唱した。歌詞の一般公募に当たっては知事自らが審査委員長を務め、他の審査委員は詩人の富田砕花、県教育部長の堀隆三、そして神戸新聞社社長・朝倉斯道と言う顔触れで、神戸新聞社が後援することになった。

神戸新聞の1947年2月19日付2面には「兵庫県民歌決る」の見出しで入選作が紹介され、北は北海道から南は鹿児島まで全国から720編の応募があり32編の最終候補作から国民学校(現在の小学校)教員・野口猛(当時40歳)の応募作が入選したことが報じられている。『兵庫県民歌』制定から7年後には、川西市の市歌募集でも野口の応募作が入選した。作曲は交声曲『海道東征』や合唱曲『沙羅』で知られ、新旧2代にわたり山口県の県民歌を作曲した信時潔(1887-1965)に依頼されている。

入選作の歌詞は一読すればわかるように「日本国憲法の施行」と言う重大事を歓迎し、戦争により荒廃した国土の復興に向けた決意を表明するものとなっている。この特徴は、同時期に“復興県民歌”として制定された宮城県の『輝く郷土』や『新潟県民歌』、また『鹿児島県民の歌』などにも共通して見られる傾向である。

5月3日に神戸の兵庫県議会議事堂で挙行された日本国憲法施行記念式典では、県立第一神戸高等女学校の生徒がこの『兵庫県民歌』を初めて合唱したことが神戸新聞の1947年5月4日付2面で報じられている。5月8日には改めて当時は県庁からほど近くにあった親和高等女学校の講堂で「兵庫県民歌発表音楽会」が執り行われた。神戸新聞の1947年5月9日付2面では発表会の席で岸田知事が「県民歌制定の意義とその普及を願うあいさつ」を行ったと報じられているが、この時の知事の願いとはまるで正反対の運命を『兵庫県民歌』はたどって行くことになる。制定主体であった県から制定した事実そのものを否定されるまでに忘れ去られ、まさしく「長夜の眠り」に就いてしまったのである。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy