ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

あのポケットムービーカメラ『Flip』3モデル5機種をDMRが販売開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ポケットムービーカメラ『Flip』


ダンスミュージックレコード(DMR)は、アメリカのブロガーたちの間で一大ブームとなったポケットムービーカメラ『Flip』の3モデル5機種の販売をスタートしました。手のひらに載るコンパクト・軽量サイズで、いつでもサッと取り出してHD動画を撮影できる日常づかいにぴったりのムービーカメラです。

ポケットムービーカメラ『Flip』

今回DMRから発売される『Flip』は、『Mino HD 120』『Ultra HD 120』『Ultra 120』の3機種。いずれも収録可能時間は120分、液晶モニターサイズは320×240、ワイドレンジ・ステレオマイクが付属しています。『Mino HD 120』『Ultra HD 120』はハイビジョン(HD)録画が可能(『Ultra 120』はスタンダード(SD))。電源をオンにすると3秒以内に撮影をはじめられる機動性の高いポケットムービーカメラです。

ポケットムービーカメラ『Flip』

いずれのモデルも手のひらにすっぽり収まる携帯サイズ。重さも170g以下(『Mino HD 120』は116g)で、シャツのポケットに入れて持ち歩けるコンパクトさと、シンプルで飽きのこないスタイリッシュなデザインが魅力です。思い立ったらすぐに録画をスタートできるだけでなく、パソコンへの接続もかんたん。側面のボタンをスライドするとニョキッと出てくるUSB端子をパソコンにつなげば、専用アプリ『Flip Share』で動画のメール送信や、『Youtube』『Facebook』などへのアップロードもさくっとできます。

ポケットムービーカメラ『Flip』

撮ったらすぐに動画をシェアしたい人のポケットにおすすめしたいアイテムです。カラーは『Mino HD 120』がブラッシュメタルのみ、『Ultra HD 120』『Ultra 120』はブラックとホワイトの2色。『Windows XP SP2/Vista/7』『Mac OS10.5以上』に対応しています。三脚の取り付けも可能です。
 
『Flip』各モデルの主な仕様

『Flip Mino HD 120』
画質:ハイビジョン(HD)/HDMI対応
メモリー:8GB
解像度:1280×720
ビットレート:9.0Mbps
電源:リチウムイオンバッテリー内蔵
バッテリー撮影時間:2時間
充電時間(USB経由):3時間
サイズ:H100×W50×D17mm
重さ:116g
販売価格(税込み):2万5980円

『Flip Ultra HD 120』
画質:ハイビジョン(HD)/HDMI対応
メモリー:8GB
解像度:1280×720
ビットレート:9.0Mbps
電源:付属バッテリーパックまたは単三形乾電池2本
バッテリー撮影時間:2.5時間
充電時間(USB経由):6時間
サイズ:H108×W56×D30mm
重さ:170g
販売価格(税込み):2万980円

『Flip Ultra 120』
画質:スタンダード(SD)/HDMIケーブル(付属)対応
メモリー:4GB
解像度:640×360
ビットレート:4.0Mbps
電源:付属バッテリーパックまたは単三形乾電池2本
バッテリー撮影時間:4.4時間
充電時間(USB経由):6時間
サイズ:H108×W56×D30mm
重さ:170g
販売価格(税込み):1万6980円
 
 

■関連記事
水深3mまでOK! LEDライト付きHD動画対応『USB水中ビデオカメラEX』
5980円! ナイトモード搭載のデジタルムービーカメラ『EXEMODE DV330』発売
3万5000円前後のエントリーモデル登場! フルHD動画と1430万画素写真が撮れる『Xacti』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。