ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3万5000円前後のエントリーモデル登場! フルHD動画と1430万画素写真が撮れる『Xacti』

Xacti DMX-CG100

三洋電機は、一台でムービーと写真が撮れるデュアルカメラ『Xacti』シリーズから、フルハイビジョンムービーと1430万画素の高精細写真を撮影できるデジタルムービーカメラ『DMX-CG100』と『DMX-GH1』を追加、それぞれ4月16日より発売します。予想販売価格は3万5000円前後、デジタルムービーカメラ初心者にもぴったりなエントリーモデルです。

『Xacti』シリーズは、いつも気軽に持ち歩いてムービーも写真も撮影できるデジタルムービーカメラ。今回発売される両モデルは、携帯性を重視したスリムボディに1400万画素写真機能と1920×1080ドットのフルハイビジョンムービーを搭載。イベントから日常シーンまで幅広く使えます。

Xacti DMX-GH1

『DMX-CG100』は、今年1月に発売された『DMX-CG110』の下位モデルで縦向きに撮影するタイプ、『DMX-GH1』は横向き撮影タイプで、小さい子供やペットをローアングルから撮影するときに便利な『ダブルサブRECボタン』を搭載していることが特徴です。

いずれの機種も、ムービー時のズーム操作に独自の『ダブルレンジズーム』を搭載しています。ワイドモード(40~240mm)とテレモード(80~480mm)を『ズームレンジボタン』で切り替えて、最大12倍のズーミングが可能。ワイドから遠景のズームアップまで広く撮影範囲をカバーします。

ムービーフォーマットには、静止画と同じ1ファイル形式で、パソコンやネット環境で使いやすいMPEG-4AVC/H.264を採用。『Windows 7』に標準サポートされており、静止画と同じようにサムネール表示したり、『Windows Media Player』での再生など、パソコン上で扱いやすいフォーマットです。見やすい2.7型TFTカラーワイド液晶モニターを搭載しているほか、手ブレ補正機能や顔検出・色検出機能などの便利な機能も充実しています。

縦型モデル『DMX-CG100』のサイズはW85.7×D37.4 ×H110.3mm、重さ158g、カラーはホワイト、レッド、ブルーの3色。横型モデル『DMX-GH1』のサイズは、W38.5×D109.6×H55mm、重さ155g、カラーはシルバー、ピンク、ブルーです。
 
 

■関連記事
フルハイビジョンムービーと1400万画素の高精細写真撮影が楽しめる『Xacti DMX-CG110』
35mm広角&30倍ズーム搭載のフルハイビジョン対応ムービーカメラ『Xacti DMX-SH11』
世界最小・最軽量・最薄、フルハイビジョン対応のデュアルカメラ『Xacti DMX-CS1』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy