ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCのNexusタブレットがWi-Fi Allianceの認証を取得、Android Lを標準搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC 製 Nexus タブレットとみられる「0P8210000」が 8 月 15 日付けで Wi-Fi Alliance の認証を取得しました。以前流出した hboot画面から、「0P8210」型番は“Flounder / Volantis”であることが判明しています。今回認証を取得したのは Nexus タブレットで間違いないでしょう。認証も HTC 製品では珍しく、「Tablet (Wi-Fi and other)」カテゴリで取得しており、今話題になっている HTC タブレットは Nexus 8 / Nexus 9 のみなので、その可能性が高いと思います。認証情報によると、「0P8210000」はブロードコムの「BCM4354」チップを搭載しており、Wi-Fi a/b/g/n/ac に対応しています。OS バージョンには「Adnroid Versiton : L」と記載されているので、発売は Android の次期バージョンと一緒になると予想されます。HTC の Nexus タブレットは、Twitter の情報通 @UpLeaks さんが 10 月 9 日以前に発表・発売されると伝えていました。実際に目にするのは今後 2 ヶ月中になると予想されます。Source : Wi-Fi Alliance


(juggly.cn)記事関連リンク
インド Spice、日本円で4,000円の超低価格Firefox OSスマートフォン「Fire One Mi-FX 1」を発表
Nova Launcher v3.1 ベータ版が公開、ドロワー表示時のサークルアニメーション、検索画面の機能性が向上
Android Lのコードネーム名は最終的には“LMP”((Lemon Meringue Pie)か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP