体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

良質な“A5黒毛和牛”がリーズナブルに味わえて思わず笑う! こだわりがハンパない『焼肉 ことえん』

IMG_5385s

今年の5月に西日暮里にオープンした『焼肉 ことえん』。埼玉で創業25週年になる本格炭火焼肉店『炭火亭』を展開する本格焼肉のプロ集団が“老舗の味と技術”をもって、本当に美味しい焼肉をもっと身近に! 気軽に楽しんでほしい! というコンセプトで作り上げた新店舗。
“本当に美味しい焼肉”……こんなこと言われたら気にならないわけがない! 早速食べて来ました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/647781[リンク]

IMG_5515s IMG_5478s IMG_5477s

店内は清潔感があって、焼肉屋さんとは思えないような洗練された雰囲気。これなら、デートや女性2人でも利用できそう。網の下には、炭ではなく丸い溶岩石が敷き詰められているのも面白い。

この日はオススメのメニューを聞いて出してもらったのですが、お肉以外にもとってもこだわりが。

IMG_5257s

最初に出てきたキムチの盛り合わせや、ナムルの盛り合わせ、どれを食べても奥深い上品な味わい。キムチはかなりマイルドでありながらコク深く、ナムルの盛り合わせには珍しいインゲン豆のナムルが入っていて驚きました。

このお店では、焼肉という季節感があまり出せない場所でも季節のものを味わって欲しいと、旬の野菜を1品、ナムルに加えているんだそうです。またこのインゲン豆のナムルが美味しい! 季節の野菜を味わえるここだけのナムルは、絶対に食べて欲しい料理のひとつ。

IMG_5265s IMG_5273s

そしてお待ちかねのお肉。まず出てきたのは「名物! 黒毛和牛のレアステーキ」。タレに漬けられ、輝く赤身に変身したレアの和牛スライスを、卵黄につけて食べます。もうこんなの美味しいに決まってる!
レアのお肉のとろっとろ食感、甘めのタレと卵黄のマイルドさの計算のされ方が憎い。新鮮なお肉ならではの味わいを贅沢に楽しめます。前菜のようでいてガッツリ満足の一皿。

IMG_5279s IMG_5283s

続いては「名物! 黒毛和牛の特製煮込み」。まだ焼肉にはいきません、じらしてきますね~。
でもやっぱり食べてよかった、こちらの牛もつ煮込み。和牛のエキスを集めた旨味のスープとでもいいましょうか、牛の旨味が極限まで詰まってます。しかし、臭みなどはもちろん皆無。うまさの上澄みだけいただいている気分。コラーゲンが豊富なスープ、口の中でお肉がホロホロ崩れていく感覚、クセになりそうです。優しい味わいですが、お酒のお供には必須!

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。