ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「警視庁の要請により顔写真の全面公開は中止させて頂きます」 まんだらけがサイトで発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

店から鉄人28号のおもちゃを盗んだとみられる男性の顔をサイトで公開すると発表して物議を醸し、その動向が注目されていた東京・中野の「まんだらけ」。公開するとされていた13日0時近くになると、『2ちゃんねる』などではお祭り騒ぎとなり、サイトはアクセスが殺到したとみえて閲覧が困難な状況に。
しかし、13日の0時過ぎにサイトのトップページには「警視庁の要請により顔写真の全面公開は中止させて頂きます」と掲示がなされ、下記のリリースのページにリンクが貼られていた。

まんだらけが発表した文は以下。

今回は予想外に多くの方たちの応援メールやお電話を頂き感謝しております。
それだけ多くの一般市民の皆様が法制度や司法・警察の現状にやりきれない思いをお持ちだということも事実として多々あるのだと思います。
しかしまんだらけの基本的な方針としては、あくまでも法令遵守を基本とした上で警察の捜査に協力する立場をとらせて頂くことと、 窃盗した商品を本人の良心にもとづきあくまでも自主的に返還してほしかったことを願っておりましたが、 期日である12日 (火) の夜になりますと、報道陣の方々が店舗のあるビルの入り口付近や店舗周りに集まって来られていて、とても犯人が入って来られる状況にはなかったということがありました。
実はその直前に犯人の身内 (女性です) と思わしき方より「8時 (20時) までに返せばいいのだろうか」という内容の電話があり、 期待して待っていたのですが、どうも無理なようでした。
今後は証拠も十分あるので、警察の方々のお力を信じてお任せしてまいります。
重ねて今回応援して下さった多くの方々にお礼を申し上げます。
本当に有難うございました。

http://news.mandarake.co.jp/2014/08/13-1.html[リンク]
とのこと。
12日には、テレビのニュースやワイドショーなどで各局がこの問題を取り上げ、まんだらけの店頭や店を構える中野ブロードウェイの様子などが生中継されるなどしていた。犯人の身内と思われる方から連絡があったとのことであるが、果たして商品が返却されることはあるのだろうか。
犯罪の被害者になったときの自衛手段や警察の対応など、さまざまな問題を浮き彫りにした形となった今回の騒動。今後も、何かと議論の対象をなりそうである。

※画像は『まんだらけ』のサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP