ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画界のレジェンドたちが豪華集結! 『エクスペンダブルズ』最新作のL.A.プレミアに全世界が大興奮

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


規格外の豪華キャストで映画ファンの度肝を抜き続けてきた『エクスペンダブルズ』シリーズ。その最新作となる『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』の全米公開を今週末に控え、ロサンゼルスプレミアが現地時間8月11日(月)夜(日本時間8月12日昼)に、L.A.のTCL・チャイニーズ・シアターで開催されました。会場には、シルベスター・スタローン、メル・ギブソン、ジェイソン・ステイサム、ウェズリー・スナイプス、ランディ・クートゥア、ドルフ・ラングレン、テリー・クルーズら豪華キャスト陣と、パトリック・ヒューズ監督が登場。また、急きょ参加となったアントニオ・バンデラス、『スターウォーズ/エピソード7(仮題)』の撮影中に骨折し、プレミアへの参加が危ぶまれていたハリソン・フォードも顔をそろえ、さらに、直前まで出席の予定がなかったアーノルド・シュワルツェネッガーもサプライズでレッドカーペットに駆けつけて、“エクスペンダブルズ”オールスターが一同に勢ぞろいする豪華な現場となりました。


奇跡の顔合わせとも言える面々の登場に、会場には、世界各国から大勢のメディアが殺到。まずは、この前日に行われた記者会見で、本作で遂に実現した『ロッキー』(S.スタローン)VS『マッドマックス』(M.ギブソン)という夢のカードを、「ゴジラVSキングコングみたいなものさ。誰だって自分のライバルと戦ってみたいだろう?」と語ったS.スタローンが登場。多くのメディアとファンに囲まれ、取材やサイン、握手に応えました。


元エクスペンダブルズの立ち上げメンバーでありながら現在はダークサイドに堕ち、エクスペンダブルズを壊滅に追い込むシリーズ最強の敵・ストーンバンクスを演じたM.ギブソン。彼は、本作の脚本を「夢中になって読んだ」と記者会見で語り、「スタローンの前に、老いてゆるんだ体で現れるわけにはいかない」という思いで徹底的なトレーニングを行ったことを明かしました。『ブレイブハート』でオスカー2冠、その後も『パッション』『アポカリプト』と話題作を手がけ、監督としても超一流である彼は、「今はまだ言えないが、温めている企画はあるんだ」と監督としての新作披露が近いことを匂わせる場面も。



当初プレミアへの出席予定がなかったハリソン・フォード、同じく当日のサプライズ登場となったアーノルド・シュワルツェネッガーがレッドカーペットに現れると、集まった観客の盛り上がりは最高潮に。続いてパトリック・ヒューズ監督が日本のカメラの前に現れ、「『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』は、ただの映画じゃないんだ。大きな祭りのようなものなんだよ! 日本のみんなにも、この“祭り”を楽しんで欲しいよ!」と日本のファンへメッセージを送ると、その後、続々と登場したウェズリー・スナイプス、アントニオ・バンデラス、ランディ・クートゥアらも、次々に、「僕たち自身もこのヒーローたちが集う映画に参加できたことに興奮してるんだ。二度と実現しないこのビッグイベントを楽しんでくれ!」とコメント。


また、アントニオ・バンデラスからは、本日、亡くなったことが報道されたロビン・ウィリアムスに関して「あまりにも悲しいよ。彼も、皆のスーパースターでレジェンドだから……」と、名優をしのぶコメントも。さらに、ランディ・クートゥアは、「ロッキー、ハン・ソロ、マッドマックス……。10代の頃からのスーパーヒーローと一緒にこの映画に出演できるなんて今でも夢みたいさ! 最高の経験になったよ!」と、本作への出演の喜びを爆発させました。

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』の日本公開は、11月1日(土)から。一足早く公開される全米での反響にも注目が集まります。

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』ロサンゼルスプレミア詳細
日時:現地8月11日(月)夜/日本時間8月12日(火)昼
場所:ロサンゼルス TCL・チャイニーズ・シアター
来場者:シルベスター・スタローン、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・ステイサム、ウェズリー・スナイプス、ランディ・クートゥア、アントニオ・バンデラス、ドルフ・ラングレン、テリー・クルーズ、ケラン・ラッツ、ケルシー・グラマー、ロンダ・ラウジー、グレン・パウエル、ヴィクター・オルティス&パトリック・ヒューズ監督

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』公式サイト:
expendables-movie.jp

(C)KaoriSuzuki (C)EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。