ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

兄貴らしい回答が話題!「ステイサムの悩み相談bot」始めた理由や想いが明らかに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


主演ジェイソン・ステイサム、製作・脚本シルベスター・スタローンという、新旧のアクションスターが超豪華タッグを組むハード・クライム・アクション『バトルフロント』は、8月9日(土)より公開となりました。

製作・脚本を務めるのは、『ロッキー』でアカデミー賞(R)最優秀作品賞を受賞し、脚本家としての才能を世に知らしめたシルベスター・スタローン。 チャック・ローガンの小説を基に、当初はスタローン自身が主演することを念頭に企画がスタートしたというスタローンの入魂作。次第に、尊敬する若い俳優に役を譲りたいと考えた名優は、『エクスペンダブルズ2』で共演していたジェイソン・ステイサムの才能に惚れ込み、彼に脚本を託すことを決意した男と男の絆から始まった作品です。

『バトルフロント』の公開が迫った7月、Twitter上にステイサムが過去の出演作で演じてきたキャラクターなどをもじって展開するbotが登場。最強かつ頼りがいのあるキャラクターが多いことから、ネット上で「兄貴」と慕われるステイサムだが、botのテーマは“お悩み相談”。その数はどんどん増え、わずか1ヶ月程度で類似アカウントがいくつも乱立している状態に。

その最大手でフォロワー約14,000を擁する「ステイサムの悩み相談bot」( @stathambot )氏が、主演最新作『バトルフロント』公開に際して、特別にステイサム本人としてコメントを寄せてくれました。正直、「ステイサムの悩み相談」って言葉の響きだけで笑える!


Q.映画の感想または映画に期待することは?

試写会を俺名義で送ったが当たらず、ボールペンが当たったんで、まだ見てない。『バトルフロント』に期待するのは、今後のシリーズ化だ。ステイサムがシングルファザーという事なので、娘が嫁入りするまでを見てみたい。

Q.botを始めた時期&理由は?

始めたのは1~2ヶ月前からだ。始めた理由は、ただの思いつきだ。もとはブログの記事だったのが、まさか、こんな事になるとは思いもよらなかった。だがジェイソン・ステイサムの俳優としての知名度が低いから、少しでも皆に知ってもらいたいという気持ちは少しあったかもな……。

Q.全国のステイサムファンに一言お願いします!

ステイサムには無限の可能性がある。言いたいのは、それだけだ。あと俺のマネージャーとタッグパートナーにも目を向けてやってくれ。

コメント中で、“娘が嫁入りするまでを見てみたい”と自ら(?)『バトルフロント』シリーズ化構想を明らかに。「ステイサムの悩み相談bot」に限らず、各アカウントの人々はネットから様々な画像を拾ってきてそれぞれに『バトルフロント』の告知を自主的に行う力の入れよう。ステイサムが日本での知名度を上げている陰には、彼らの地道な普及活動の影響も少なくないのかもしれません。

http://battlefront.jp

(C)Homefront Productions, Inc. 2013

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP