体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カーレビュー番外編】日本よ!これがドリフトだ! 世界的ドライバー ケン・ブロックに同乗してみた【動画あり】

TOP

読者の皆さんはケン・ブロックという人物をご存じでしょうか。コアなモータースポーツファンならば知らない人は居ないであろう、ジムカーナ界の”神”とも呼ぶべき人物です。ジムカーナとは、複数の車で順位を競うのではなく、指定されたコースをいかに早く走りきるか、といった競技です。ジムカーナのコースはサーキットに比べかなり狭いだけでなく、パイロンターンなどを要求されることから、「ドリフト」という技術が用いられます。

ドリフトとは、本来まっすぐ進むはずの車を横に進める技術で、正確に言い表すと、車体前方に向かう運動エネルギーを、ブレーキやアクセルの働きを利用し、前方以外に向け、車を自由自在に動かす手段と言えます。車が横を向いて白煙と轟音を巻き上げながら進む姿は、まさしく型破りで、見るものを虜にします。

ドリフトはいつからか、早さだけでなく、美しさという“芸術点”が重視されるようになりました。そして2000年代、ドリフトは技術から競技へと昇華し、今では世界中で興行をおこなう『D1グランプリ』として愛されています。一般的なレース競技を「競泳」とするならば、ドリフトは「シンクロナイズドスイミング」と言い換えられるでしょう。

ジムカーナの追求する早さと、ドリフトの追求する豪快な美しさを兼ね備えた、世界最強のドライバーの一人、ケン・ブロックは、7月に中部国際空港特設会場で行われた『ケン・ブロック名古屋エクスペリエンス with D1グランプリ』に出演するため来日しました。目玉はなんと言っても日本が世界に誇るトップD1ドライバー達とのコラボレーションです。

1

日本が世界に誇るD1グランプリから厳選された、超豪華な顔ぶれがケン・ブロックを待ち構えていました。

今村 陽一(NICHIEI レーシングプロジェクト with FALKEN)
上野 高広(ULTRAMAN with TEAM VERTEX)
内海 彰乃(TOYO/RC926)
川畑 真人(TEAM TOYO with GP SPORTS)
熊久保 信重(YUKE’S チームオレンジ with BEAST EYE)
佐久間 達也(TEAM TOYO with GP SPORTS)
末永 直登(YUKE’S チームオレンジ with BEAST EYE)
手塚 強(GOODYEAR Racing BNR34 with Bee☆R)
時田 雅義(OODYEAR Racing ZERO CROWN with Bee★R)
野村 謙(BLITZ DFellow)
日比野 哲也(Team UPGARAGE with DROO-P)
松川 和也(Team UPGARAGE with DROO-P)

2

大迫力のドリフトの他に、こんな激レアなシーンが見られるのは、世界中探しても間違いなくこのイベントだけでしょう。

3 5 4
1 2次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。