体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古今東西の記憶術をざっくり7技法にまとめてみた

生活・趣味
読書猿Classic: between / beyond readers

今回はくるぶしさんのブログ『読書猿Classic: between / beyond readers』からご寄稿いただきました。

古今東西の記憶術をざっくり7技法にまとめてみた

0.共通する事項 / 技法以前の事項
すべての技法が、連想、視覚化、有意味化、組織化というプロセスを用いている。
・連想:すでに記憶されているものに、記憶したいと思う新しいものを連想で結合する
・視覚化:連想での結合は、視覚イメージ化したもので行われる。“生き生きした”、“視覚的な”、“とっぴな/ばかばかしい”イメージが望ましい
・有意味化:それ自体意味がないもの(例:数字の羅列)を変換することで意味のあるものに変える
・組織化:ばらばらのものを組織化/体系化することで覚えやすく、また思い出しやすくなる。覚えたいもの全体の有意味化

技法以前の前提として、
(a)記憶したいものには十分な注意を払う必要がある(一度に多すぎる量を入力すると、有限な認知資源である注意の手が回らなくなる/多すぎぬ量ごとに覚える)
(b)興味をひくものは記憶しやすい。動機付けがあると記憶されやすい
(c)フィードバックすることで、(c—1)正しく覚えていることが確認できるとモチベーション・興味が維持される、(c—2)間違って覚えたものを発見することで、修正への動機付けが得られ、また注意を振り向けることができる

1.場所法  Loci system
最も古い記憶法。よく使う通りやよく行く場所、自分の部屋(にある家具)など熟知したものを手がかりに、記憶したい事項を結びつけて記憶する。

2.頭文字法 Acronyms
覚えておきたい事項、キーワードの頭文字を用いて、意味のある単語にする。

例:アメリカの五大湖→HOMES ・ ヒューロン(Huron)湖、オンタリオ(Ontario)湖、ミシガン(Michigan)湖、エリー(Erie)湖、スペリオル(Superior)湖。

新しく覚えるためよりも、一度学んだことを忘れにくくする方法。

3.かけくぎ法 Peg system(『ワタナベ式記憶術』では“基礎結合法”)
場所法の改良。場所法の使える“熟知したもの”はそれほど多くないので、たくさんのものを記憶しようと思うとすぐ足りなくなる。かけくぎ法は“熟知したもの”のかわりに使える“かけくぎ(ペグ)”を用意しておく方法。

かけくぎ(ペグ)を準備しておくことと、あらかじめ記憶しておくことが必要になる。良く用いられる“かけくぎ(ペグ)”には、手の指、体の場所(頭、額、目、鼻……腹、急所、もも、ひざ、足)、家族(祖父、父、祖母、母、兄、姉、弟、妹)、アナログ時計の針の位置、一年の月別行事、十二支、次に示す音声変換法でつくったペグなどがある。

記憶術を使って記憶済みの事項も“かけくぎ(ペグ)”に使える。覚えたいものの構成と似た“かけくぎ(ペグ)”が使えると、思い出す時のアクセスがはかどる(例えば本の構成を覚えるには、ツリー構造をもつ“かけくぎ(ペグ)”が使えるといい)。

1 2 3 4 5 6次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会