ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネーミングセンスが秀逸! 映画『ファーナス/訣別の朝』の男臭いキャラたちを『おじさん図鑑』の“なかむらるみ”がイラストで紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


レオナルド・ディカプリオやリドリー・スコットら、ビッグネームが製作に名を連ね、『ダークナイト』『ザ・ファイター』などのクリスチャン・ベイルが主演を務める映画『ファーナス/訣別の朝』が、9月27日(土)より全国公開となります。

<ストーリー>
ペンシルベニアの田舎町ブラドックは、ファーナス(=溶鉱炉)から昇る白煙が常にたちこめていた。ラッセルはこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働く日々を過ごす。イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟ロドニーのことは心配だが、貧しいながらも恋人リナとのひと時にささやかな幸福を見出していた。しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく……。

今回、映画の公開を記念して、『おじさん図鑑』の著者でイラストレーターのなかむらるみさんによる、『ファーナス/訣別の朝』のイラスト付きコメントが公開となりました。劇中では激しい戦いを繰り広げるハリウッド屈指の渋いおじさんスターたちを、ひたすらおじさんのイラストが並び、おじさんの奥深さや面白さを紹介して大ヒットとなった『おじさん図鑑』さながらに、なかむらるみさんテイストたっぷりのイラストで紹介しています。

クリスチャン・ベイル:訣別するおじさん
ウディ・ハレルソン:育ちの悪いおじさん
ケイシー・アフレック:オレはまだおじさんではない
フォレスト・ウィテカー:思ったより役に立たないおじさん
ウィレム・デフォー:読みが甘かったおじさん
サム・シェパード:癒してくれるおじさん

なかむらるみさんは、「画面から男の汗が飛んできそうなほど、男臭い映画です。個性がそれぞれ熱くておもしろかったのでそのあたりをネーミングにこめました」と、映画のストーリーや登場キャラクターを観察して、それぞれのおじさんのイラストに名前を付けた模様。

たとえば、『ノーカントリー』では賞金稼ぎの殺し屋を演じ、『セブン・サイコパス』ではマフィアのボスを演じたウディ・ハレルソンに対しては、大胆にも「育ちの悪いおじさん」とネーミング。でもこれ、私生活のことじゃなくて、あくまでも今回の映画の役柄をイメージしたんですよね……? そういえば、「思ったより役に立たないおじさん」ことフォレスト・ウィテカーは、シュワちゃん主演の『ラストスタンド』で、死刑囚の麻薬王にまんまと脱走された役に立たないFBIを演じていたよな? などと、過去作の役柄や俳優本人のパーソナリティとも照らし合わせてみると面白いかもしれません。気になった方は、映画の本編でそれぞれのおじさんの活躍をチェックしましょう!

映画『ファーナス/訣別の朝』予告編(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=UCJ-ClRwe40

『ファーナス/訣別の朝』

■監督・脚本:スコット・クーパー
■脚本:ブラッド・インゲルスビー
■製作:ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、レオナルド・ディカプリオ、リドリー・スコット
■出演:クリスチャン・ベイル、ウディ・ハレルソン、ケイシー・アフレック、フォレスト・ウィテカー、ウィレム・デフォー、ゾーイ・サルダナ、サム・シェパード
■原題:OUT OF THE FURNACE
■公式サイト:furnace-movie.jp

(c) 2013 Furnace Films, LLC All Rights Reserved

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP