体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTコム、Android / iOSアプリに050 plusの発着信機能を実装できる「050 VoIP SDK」を10月に提供へ

NTTコミュニケーションズは7月29日、050番号のIP電話アプリ「050 plus」を利用したAndroid / iOSアプリを開発できるようにするソフトウェア開発キット「050 VoIP SDK」(仮称)を10月上旬に提供すると発表しました。新たにリリースされるSDKを利用すると、自社のスマートフォン・タブレット向けアプリに050 plusの発着信機能を実装することができます。SDKにはVoIPやSIPの機能を担うモジュールが含まれているので、その部分を新たに開発することが不要になります。電話は050 plusのIP電話から発信されるので、050 plusユーザーや特定の050番号には無料で発信できるところもメリットです。「050 VoIP SDK」にはIP電話の発着信プログラムのライブラリ、アプリ開発者用ドキュメント、ソースコード付きのサンプルアプリが含まれています。同社は、SDKの正式リリースに先立ち、同日よりSDKを活用したアプリ開発・提供パートナーの募集を行っています。詳細は下記のリンク先をご覧ください。Source : NTTコム(SDK公式サイト)(プレスリリース


(juggly.cn)記事関連リンク
MIUI V6のスクリーンショットが複数流出
Google Playストアにおける有料アプリ・ゲームの払い戻し期間が15分を超える。2時間になることもあり
Android向けTwitterクライアント「Talon for Twitter」がv2.6.3にアップデート、アプリアイコンや投稿画面がリニューアル、Twitterの複数画像アップロードもサポート

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。