ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無料写真素材サイト『ぱくたそ(PAKUTASO)』がいろいろと独自路線すぎる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

皆さんこんにちは。ライター業のかたわらウェブデザイン業も行っている、あいひょんです。

ウェブデザイナーさんなら誰もが一度は使ったことがあるであろう、無料で商用利用が可能な写真素材サイト。その中のひとつ、ぱくたそ(PAKUTASO)』がいろいろと独自路線すぎるので紹介します。ウェブ業界人でない方もネタサイトとして楽しめるかと!

何がどう独自路線なのさ?

有料/無料を問わず、これまでの写真素材サイトは真面目な写真ばかりを提供してきました。流行りのネタはインパクトはありますが利用する機会が限られていますし、鮮度もすぐに落ちてしまうため避けられてきたのでしょう。

しかし、『ぱくたそ』は時事ネタやネットミームにも柔軟かつスピーディーに対応しています。攻めの姿勢を見せる写真素材サイトは、現時点では『ぱくたそ』のみなのではないでしょうか?
 
※ちなみに記事の画像も『ぱくたそ』からいただいてきたものです。真面目な写真素材もきちんと用意されている写真素材サイトですので、ご安心を(?)

世の中をウ・・・ガエダイ!

記事冒頭に掲載した写真素材の別バージョンですが、どう見てもののm・・・。

例の会見が行われたのは2014年7月1日ですがこちらの写真素材は7月14日に公開されており、話題になってから2週間程度で用意したということになります。時期的にはまだまだMADが作られまくっているころでしたし、このスピードで準備できるのはなかなかすごいのではないでしょうか!

オリジナル企画の方向性が謎

『ぱくたそ』では独自のテーマに基づいた写真素材を用意したり、コラボとして外部からモデルを呼んだりしています。これが謎で謎で謎で謎でしかありません。ウェブデザインやブログの記事で使えるのかと言われると正直疑問符モノですが、見ていて楽しい企画ではあります。
 

どう見ても外人4コマの画像もあります。

記事執筆時点(2014年7月31日)では

現役ドイツ人ハーフの使える写真素材
http://www.pakutaso.com/maxfreephoto.html[リンク]

と題されたコラボが最新の『ぱくたそ』オリジナル企画です。Max_Ezakiさんというドイツ人ハーフをどこかで捕まえてきてフリー素材化したようです。

Max_Ezaki
https://twitter.com/Max_Ezaki[リンク]

日本人離れした立体感と跋扈する姿、抜群の表現力を兼ね揃えた現役ドイツ人ハーフがフリー素材としてぱくたそに逆輸入!自由闊達なビジネスマン風の彼の名はMax_Ezaki!ドイツよりソーセージをぶら下げて初参戦です!
不躾な質問を受けてアナウンサーにキレてしまう外資系サラリーマンや、日本での孤独な生活が馴染めずクマのぬいぐるみに「家族が増えるよ」と語りかけるビジネスマンなど、有り触れた日常の使いやすい写真素材となっております。バイラルメディアやまとめコンテンツはもちろん、殺伐としたスレッドにご利用ください。

 

フリー素材としての汎用性を高めるために、吹き出しや文字を挿入したバージョンも用意したそうです。肩の角度の驚異の再現率にも注目です!

それだけじゃないMax_Ezaki

 

ありそうでなかった!なくても良かった!現役ドイツ人ハーフMax_Ezakiのセリフ合成ジェネレーター が完成しました。殺伐としたスレッドやLineスタンプ代りにご利用ください。(無料で利用可能です)

 
『マックスジェネレーター』というセリフジェネレーターまで用意されているのです! やる夫AAを貼るのが面倒くさいときなどにどうぞ。

マックスジェネレーター
http://max.uni-fic.com/yaruo1[リンク]
 

他にも「よく使うハンドサイン一覧」が写真素材化されていたり、タグ「社畜」「ニート」に便利そうな写真素材がごろごろ置いてあったり。本来の意味から変容しつつある「壁ドン」も、きちんと二種類のパターンが用意されています。ネットの住人に向けた写真素材サイトってかなり独自路線ですよね。

よく使うハンドサイン一覧
http://www.pakutaso.com/handsignal.html[リンク]

「社畜」タグ
http://www.pakutaso.com/search.html?offset=0&limit=10&search=%E7%A4%BE%E7%95%9C[リンク]

「ニート」タグ
http://www.pakutaso.com/search.html?offset=0&limit=10&search=%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88[リンク]

本来の壁ドン
http://www.pakutaso.com/kodokunakabedon.html[リンク]

リア充的な意味の壁ドン
http://www.pakutaso.com/kabedon.html[リンク]

他の写真素材サイトと比べると枚数はまだ多くないですが、今後の動向を優しく見守っていきたいサイトです!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
あいひょんの記事一覧をみる ▶

記者:

ライターもしくはただのゲームお化けです。書き物仕事を積極的に募集中。お話したい人はTwitterにて、どうぞ。

TwitterID: Aihyone

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP