ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車で出掛けることが多い人に便利そう!駐車場予約サービスが米国で人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ParkWhiz2

普段、車で移動することが多い人なら経験があると思うが、目的地で駐車場が見つけられなくて苦労することがある。

周辺をぐるぐる回って駐車場の空きを探すのは骨が折れるし、コンサートやスポーツの試合観戦といったイベント、飛行機の出発などが控えていたりすると焦るもの。そこで米国で展開されているのが、駐車場を事前に予約できるプラッフォーム「ParkWhiz」だ。

使い方はシンプルで、郵便番号や住所あるいはランドマーク(建物名など)を入力すると、マップ上にその周辺で利用可能な駐車場が料金付きで表示される。ユーザーはコレというものをクリックして予約し、当日利用する時にはメールで送られてくるQRコードをプリントアウトするか、携帯端末を機械にかざせばいいだけ。

このサービスのメリットはまず使用したい日時を確実に予約できること。それから、目的地と駐車場がどれくらい離れているかをチェックしたり、周辺の駐車場の金額を比較したりもできる。さらには屋根付きかどうか、管理人がいるのかどうかもわかり、また支払いまで済ませられるのも便利だろう。

もともとはシカゴのメジャーなイベント会場周辺の駐車場のみで始まったが、現在はニューヨークなど30州150都市で展開している。運営するスタートアップはこのほど1000万ドルもの資金を調達し、今後さらに利用できる都市・駐車場を拡充する方針だ。

サービスはウェブ、モバイルアプリ(iOS、Android)に対応。これまでにユーザー100万人の利用があったという。自動車大国・日本でもこうしたサービスの需要はありそうだ。

ParkWhiz

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。