ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひろゆき杯が遂に決着! ブレイブルー クロノファンタズマのトッププレイヤーが秋葉原で激突!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


7月27日、秋葉原e-sports SQUAREで『Online Godsgarden ひろゆき杯』の大決勝大会が行われた。プレイステーション3用格闘ゲーム『ブレイブルーCP』(BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA)のトッププレイヤー8名が秋葉原に集結。優勝賞金30万円を懸け、熱いバトルを繰り広げた。

約9ヶ月に渡り、4度行われたオンライン決勝の上位2名しか今回の大決勝大会には出場できないため、勝ち上がってきた8名のプレイヤーはいずれも実力者揃い。レベルの高い試合を観ようと、多くのブレイブルーファンが詰めかけた。

会場には、大会開始まで自由に遊ぶことができる“対戦コーナー”も設置され、周辺機器メーカー『HORI』の発売前の最新アーケードスティックの試遊もできるとあって、トッププレイヤーも興味津々の様子だった。

ゲームイベント運営団体『Godsgarden』の総師範KSK氏と神園氏がMCを努め、呼び出された選手達が壇上に揃うと、会場の緊張感は一気に高まっていった。

大決勝出場者は以下の8名(キャラクターはオンライン決勝時使用のものを表記)
金じ(ココノエ)
テツヲ(ココノエ)
マトイ(ココノエ)
こんばんはGacktです(ハクメン)
コイケ(ライチ)
えだ(ココノエ)
天江衣(レイチェル)
辻川(ココノエ)

ひろゆき氏の挨拶で大会がスタート。当日は『ニコニコ生放送』での配信も行われ、同氏は運営者コメントとしても参加。率直な感想を、ユニークな表現でつづっていた。

試合開始

出場者8名の内、5名が前バージョンの最強キャラ“ココノエ”を使用していたため、1回戦はココノエvs.その他のキャラクターという組み合わせが多発した。しかし、各プレイヤーのココノエ対策は万全、唯一のココノエ対決を制したテツヲ選手以外は全員敗北し、敗者復活トーナメントはココノエだらけとなる波乱の立ち上がりとなった。




解説は、先日行われた世界最大の格闘ゲーム大会『Evolution』での活躍も記憶に新しい どぐら氏と、たけやま氏が担当。技の説明から、選手の心境まで、ユーモアを混じえたトークで会場を盛り上げていた。

ウィナーズ準決勝は、こんばんはGacktです選手(ハクメン)vs.天江衣選手(レイチェル)、コイケ選手(ライチ)vs.テツヲ選手(ココノエ)となり、各キャラトッププレイヤーのハイレベルな試合内容に、会場からは大きな声援が飛んだ。

この熾烈なトーナメントを勝ち上がったのはテツヲ選手。圧倒的な試合内容で勝ちあがり、敗者復活トーナメントからの挑戦者をグランドファイナルで待ち構えた。

敗者復活トーナメントを勝ち上がったのはコイケ選手。テツヲ選手に1度敗れたものの、これ以上負けられない試合を見事勝ち残り、グランドファイナルでのリベンジに燃える。

グランドファイナル

敗者復活から這い上がってきたコイケ選手は、3試合先取を2セット取らなければならないのに対し、ここまで1度も負けていないテツヲ選手は1セット取れば優勝となる。

コイケ選手にとっては厳しい状況だったが、コイケ選手の異常なまでのガードの固さが光り、最初の3試合先取を3-0で一気に取り、五分の条件に戻す。ハイレベルな攻防と、どちらが勝ってもおかしくない試合の連続に、会場も大きな歓声に包まれた。

3試合連取という一方的な展開で追いつかれ、テツヲ選手にとっては嫌な流れ。再開後1試合目も、その流れそのままにコイケ選手が優勢に試合を進め、体力を大幅にリードする。しかし、ここでテツヲ選手が脅威の粘りをみせ、残り体力わずかの状況から満タン近い相手の体力を一気に奪う大逆転で、会場を大いに沸かせた。

その後はコイケ選手が1-1に戻し粘りを見せたが、お互いに引かない一進一退の試合展開の中、徐々にテツヲ選手が流れを掴み、3-1で見事優勝した。

参加した8名の選手には『ブレイブルーCP』(アークシステムワークス)の森プロデューサーより豪華グッズが贈られた。また優勝したテツヲ選手には周辺機器メーカー『HORI』製の最新アーケードスティック、優勝メダル、そして賞金30万円が、ひろゆき氏より手渡された。


約9ヶ月という長期間に渡り行われてきた『Online Godsgarden ひろゆき杯』の総決算となった今回の大決勝大会は、終始和やかな雰囲気と程よい緊張感の中、感動と共に幕を下ろした。開催期間や賞金など、色々な意味で積極的な挑戦がみられた本イベントの今後の展開に期待したい。

“eスポーツ”は、日本でも専門誌が創刊されるなど、大きな盛り上がりをみせている。その中でも格闘ゲームは、日本のプレイヤーが世界中で活躍しており、各種メディアで取り上げられる機会も増えている。日本発の文化“格闘ゲーム”に是非注目していただきたい。

【グランドファイナル】ONLINE GODSGARDEN“ひろゆき杯”決勝大会 視聴ページ
http://live.nicovideo.jp/watch/lv185719859 [リンク]

Godsgarden ホームページ
http://godsgarden.jp/ [リンク]

秋葉原e-sports SQUARE ホームページ
http://e-sports-square.com/ [リンク]

カテゴリー : ゲーム タグ :
藤野の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP