ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カメラをモチーフにしたクラフト感ある木製ネックレス、実は“本物のカメラ”?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラのシャッターチャンスは、いつ思いがけないときに到来するかわからない。いつでも手元に置いておきたいものだが、カメラは重くてかさばるのが難点だ。

「Not-A-Camera」というユニークなネーミングのカメラツールは、一見するとカメラの形を模した木製のネックレス。レーザーカット加工でつくられた、厚さおよそ1/2インチのウォールナット材製のチャームを首にかけて身につける。だが、このツールは名前に反して、なんと本当にカメラの機能を保有しているのだ。目立たないが、ちゃんとシャッターボタンとレンズが搭載されていて、実際に3.5メガバイトの写真を撮影したり、さらにHDビデオ撮影もできてしまう。

このツールを開発したのは、ニューヨークに拠点を置くOlivia Barr氏。彼女の祖母が、90歳から写真撮影を趣味で始めたが、老人にはカメラが重すぎた。そこで、もっと軽くて身につけられるような、手軽に使えるカメラを開発してみたのだという。

市場にもニーズがあるかもしれないと思いつき、この手作りカメラを一般にも販売を開始。ブログSNS「Tumblr」に専用ページを設け、「Not-A-Camera」ユーザーが撮影した写真をアップして交流できる場をつくっている。また、“自分撮り”に適した、ミラーフロントタイプのカメラも検討中とのこと。

ちょっと見ただけでは本物に見えず、しかも軽くて身につけられるこのカメラなら、不意に訪れるシャッターチャンスを逃さないで済みそうだ。

Not-A-Camera

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。