体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自撮王への道」・・・・禁断の海外通販へ ー 『三人称視点撮影』 ガジェットを『amazon.com』で購入するには(5)

Vupacjpro

米国『amazon.com』に出品されていた、『VuPackPro』。

http://www.amazon.com/gp/product/B00J0AUI12/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

値段は$139.95。買えない値段ではありませんね。欲しいぃい!!

…でも、海外通販って、どうすれば商品が買えるの?

分からないときはググってみよう

何か分からない事がある時は、ググってみる(google検索を行う)のが、ネット界の鉄則。

早速、「amazon 個人輸入」のキーワードで検索をかけてみました。

すると、『海外のamazonで購入する方法』というページが検索出来ました。

amazonJPG

http://www.j-love.info/amazonnew/amazoncom001.htm

こちらのホームページを参考に、米国『amazon.com』で本品を購入しました。

終わり。

『amazon.com』でお買い物をする時の流れについて

…と、ここで話が終わってしまっては元も子も無いので、
上記ホームページを参考にした上で、『amazon.com』で商品を入手する流れを手短に整理してみたいと思います。

1・自宅の住所を英語表記に変換しておく

外国の業者が、日本へ商品を発送する際、当然の事ながら、英語の住所で発送されます。その為、英語表記の住所を、予め先方に伝えてあげる必要があります。

色々と住所変換のルールは有る様ですが、

一番簡単なのは、「住所翻訳サービス」を行っているサイトを利用する方法です。私は下記ホームページを利用しました。

「JuDress」
http://judress.tsukuenoue.com/

ここで注意する事は、住所を入力した際、必ず「実用的に変換」を選択する事です。

2・米国『amazon.com』のアカウントを作成する
基本的に、日本の『amazon.co.jp 』のアカウントの作り方と、方法は殆ど変わりません。
IDは日本の物と同じものを作っても構いませんが、『amazon.co.jp』の設定内容は引き継がれないので、パスワードや住所(先ほど英語に変換したもの)は、此処で改めて入力する必要があります。
入力箇所と内容がよく分からないのであれば、日本の『amazon.co.jp』の新規アカウント登録画面と、『amazon.com』の新規アカウント登録画面を2画面 並列に並べながら、登録を進めていくと良いでしょう。

もしくは、ブラウザが『google chrome』ならば、ブラウザ上で右クリック→「日本語に変換」を選択すれば、英語が翻訳されて日本語になるので、その状態で入力していっても良いでしょう。

クレジットカードの登録も、まあ『amazon』なら多分大丈夫でしょう、という事で、さっさと登録しておきましょう。

3・ 商品を選択してカートに入れて日本の住所宛てに発送出来るか試してみる

商品をクリックして、カートに入れ、そのまま日本宛ての住所を選択して、購入まで一気に進める事が出来れば、とりあえずそれでOKです。

残念ながら、この商品は、日本宛の住所では発送出来ない旨、アラートが出ました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。