ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラッド・ピット主演最新作『フューリー』の特報映像が解禁! オスカー最有力の声も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年度、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞作品賞を受賞し、近年プロデューサーとしての手腕も発揮しているブラッド・ピット。そのブラッド・ピットが主演を務める新作戦争アクション映画『フューリー』が、11月より全国公開となります。本日、そのポスタービジュアルと特報映像が解禁になりました。


物語は1945年の第二次世界大戦ヨーロッパ戦線が舞台。ドイツの大軍を相手にわずか5人で立ち向かうことになった兵士たちの壮絶な戦いを描き、早くも今年の映画賞最有力候補の呼び声も高い作品です。「フューリー(Fury)」とは「激しい怒り」を意味し、劇中でブラッド・ピット演じる部隊のリーダー、ウォーダディ―と4人の隊員たちが部隊の戦車に付けた名前でもあります。解禁となったポスターでは、戦車の砲身に寄りかかったブラッド・ピットの、“怒り”や“悲しみ”、あるいは“恐怖”とも見てとれる表情をとらえています。

ブラッド・ピット主演 『フューリー』特報(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=fmGtypfo3d4


さらに、約1分間の特報映像では、リアリティを追及し本物の戦車も使用して撮影された、ブラッド・ピットの部隊が乗る米シャーマン戦車と敵軍の独ティーガー戦車による壮絶な戦車アクションと、過酷なミッションに立ち向かい、みんなで生きて故郷に帰ることを誓う隊員たちの姿が描かれています。

本作の監督は、『エンド・オブ・ウォッチ』など臨場感あるアクション描写に定評のあるデヴィッド・エアー。出演は、主演ブラッド・ピットのほか、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルなどの豪華実力派俳優たちが顔をそろえています。昨年度に続きオスカーを狙うブラッド・ピットの新作に、期待が高まります。

映画『フューリー』公式サイト:
http://fury-movie.jp/

(c)Norman Licensing, LLC 2014

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP