ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いいよねっと、Garminのランナー向けGPSウォッチ新モデル「ForeAthlete15J」を発表、8月24日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Garmin国内正規代理店のいいよねっとは7月18日、アクティビティトラッカー機能を備えたGarminのランナー向けGPSウォッチ新モデル「ForeAthlete15J」を発表しました。発売日は8月24日です。ForeAthlete15Jは、米Garminが5月6日に欧米向けに発表した「Forerunner 15」の日本仕様版です。日本語への対応や、いいよねっとの保証が付くモデルで、基本的には海外モデルと同じです。準天頂衛星「みちびき」による補完信号受信にも対応しています。この点も海外モデルとの違いかもしれません。ForeAthlete15Jは、ランニング中はGPSで走行スピードや走行距離、ペース、消費カロリーなどを計測でき、日常生活では歩数や消費カロリーなどを計測できるリストバンド型活動量計としても機能します。トレーニングモードでは、自動ラップやバーチャルペーサー 、自動ポーズといった機能も利用できます。エントリーレベルのForeAhtlete 10とアクティビティトラッカー vivofitを融合させたような製品です。ForeAthlete15Jには2つの動作モードを使い分けて利用します。「GPSモード」では従来通り8時間の連続使用が可能。「時計/アクティビティトラッカーモード」では5週間は持つとのことです。GPS用のバッテリー容量なので、アクティビティトラッカーとしては他社製品に比べて数倍長持ちです。ForeAthlete15JもGarmin Connectに対応するほか、50m防水にも対応する頑丈設計です。ForeAthlete15Jのカラバリは4色(BlackBlue、RedBlack 、TealWhite、VioletWhite )。価格は18,300円+税となっています。ANT+に対応しているので、別売のハートレートモニターやフットポッドも利用できます。Source : いいよねっと


(juggly.cn)記事関連リンク
Tegra K1タブレット「MiPad」の64GBモデルが7月22日に発売
ASUSが2014年上半期の国内タブレット販売シェアでAppleを抜きトップに立つ(BCNランキング)
Xperia Z2(D6503)の17.1.2.A.0.314ビルドへのアップデート内容が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP