ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「出版社の編集者は必ずまれに意味のないボツを出す」バルクオム代表取締役野口卓也さんのブログが波紋 後に釣り宣言で更に炎上

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

男性用化粧品を取り扱うバルクオム代表取締役の野口卓也さんが7月14日にアップしたブログの内容が波紋を呼んでいる模様である。

編集者のように生きられますか? コンテンツを殺す唯一の方法。
http://bulk.co.jp/bloghomme/nogutaku/140913932[リンク]

というエントリーで、

漫画家の福満しげゆき先生の作品や、“暇な女子大生”というブロガーについて言及。

出版社に勤める編集という仕事の人間は、相手がどんなに大御所でも、必ずまれに「意味もないボツ」を出します。
一方的に図に乗せないためです。

との記述も。

同エントリーは『Facebook』や『Twitter』にてかなり話題となり、『金田一少年の事件簿』をはじめ、多くの人気漫画の原作者として知られる樹林伸先生は

面白い考え方だったよV(^0^) かなりの部分正しいけど間違ってるところもある。優れた編集者は無意味なボツなどださない。

とブログのURLを示しツイートを行う。一方、漫画家の新條まゆ先生は



突っ込みどころ多いなぁ〜…140文字で語れないほど。とりあえずただの美容業界の人で、コンテンツを楽しんでるだけの人が書くこの、マンガ業界を知ってる感、上から目線感、言い切り感に激しい嫌悪感。

とツイート。

野口卓也さん(@nogutaku)は『Twitter』にて他のユーザーとのやりとりで

ちなみに「編集者は無駄なボツを〜」のくだりは完全に釣りのつもりで書いておりました。ここまで編集業の皆様に反感を買うとは思わず、反省しております。

と、いわゆる「後釣り宣言」ともとれるツイートをしたためかなり反感を買った模様である。

その他、うめ先生や藤島康介先生など多数の漫画家をはじめ、小説家やコラムニストの方々もこの件についていろいろなツイートを行っていた。
参考:BULK HOMME代表取締役・野口卓也さんのブログが波紋
http://cureco.jp/view/216/

読者の皆さんは、どう考える?

※画像は『BLOG HOMME』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP