ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラブストーリーの傑作『美女と野獣』実写映画11月公開! 絢爛豪華な予告編が解禁 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『美女と野獣』という作品の名前を聞くと、ディズニーの長編アニメ映画を思い浮かべる人が多いと思いますが、その元はフランスのおとぎ話。醜い野獣と、身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作『美女と野獣』が新たな映画作品となって、11月1日より全国ロードショーされます。

なぜ王子は野獣に身を落としたのか? 彼は一体どれほどの罪を犯し、そこにはどんな秘密が隠されているのか? おとぎ話でありながら大人をも魅了し続ける傑作が、新しい驚きを息吹に、かくも切なく、かくも豪華に生まれ変わります。

<ストーリー>
バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。
かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく……。

ベルを演じるのはカンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールに輝き、スピルバーグも絶賛したフランスNO.1の若手女優レア・セドゥ。野獣を演じるのはフランスを代表するセクシー男優ヴァンサン・カッセル。どのような作品になっているのか、少し垣間見れるショート予告が公開となりました!

映画『美女と野獣』本予告ショート – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kkRDHT40QV8

今回のショート予告ではレア・セドゥ演じるベルの色とりどりのドレス、ワイングラスに映る野獣の姿、そして色鮮やかなベルと野獣のダンスシーンなど、独創的な映像美で評価が高いクリストフ・ガンズ監督ならではの絢爛豪華なビジュアルを観ることができます。この冬は、美しい装飾で彩られた幻想的なラブストーリーにあなたも心打たれるはず。

映画『美女と野獣』
2014年11月1日 TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー

監督:クリストフ・ガンズ
出演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ
提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
原題:La Belle et La Beta/2014年/仏独合作/113分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂

公式HP:
http://beauty-beast.gaga.ne.jp/

(C)2014 ESKWAD – PATHÉ PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWÖLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP