体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの曲を世界同時に歌ってみた! アプリ「Singalong World」の不思議体験

あの曲を世界同時に歌ってみた! アプリ「Singalong World」の不思議体験

「Singalong World」ロゴ
“世界中のあらゆる人が同じ歌を歌う声”に囲まれる体験ができるiPhoneアプリ「Singalong World」がリリースされた。

このアプリは、全世界のあらゆるユーザーが公開したカバー音源を同時に再生することができるアプリで、日本初の音楽ハッカソン「Music Hack Day Tokyo 2014」で審査員賞を受賞したプロトタイプアプリの製品版となる。

世界中の「歌ってみた」を同時に体験

「Singalong World」に必要なのは、iOS 7.0以降をインストールしたiPhoneとヘッドフォン、十分な電波環境。

使い方はシンプルで、iPhoneにヘッドフォンを装着し、聞きたい楽曲名を入力。すると、複数人の歌声が一斉に聴こえだす。iPhoneを東西南北好きな方角に向ければ、その方角に住んでいるユーザーの歌声が聴こえるようになっている。

SoundCloudと連携

本アプリでは、音楽のクラウドサービスSoundCloudが提供するAPIを用いて、SoundCloudに公開されているカバー演奏の検索と、ストリーミング再生を行っている。

各ユーザーのプロフィールに登録されている地名を取得して、それぞれの演奏がユーザーの住んでいる方角から聴こえてくるよう、仮想空間に配置されている。

また、「カバー曲名+(Vocal Cover)」というタイトルでSoundCloudにアップロードすれば、自身のカバーソングも「Singalong World」に加わることができるとのこと。

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy