体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幹事注目! ほかと差をつける“廃校キャンプ”のススメ

学校看板

「幹事諸君に告ぐ。夏はキャンプがしたい。キャンプ場や川辺のコテージも良いが、行き尽して何か物足りない。新しいことがしたい。とにかく童心にかえってはしゃぎたい。特別な体験を用意せよ。私を楽しませるのだ! なお、この音声は自動的に消滅する。成功を祈る!」

世の中には平気でこんなインポッシブルなミッションをムチャ振りをする人がいますよね。しかし、そんな悩める幹事たちを救うべく、筆者が取材した特別なキャンプ体験を紹介したいと思います。舞台はなんと廃校! と言っても、少子化によって2008年に廃校となった、群馬県にある猿ヶ京小学校の校舎を、2012年4月に“泊まれる学校 さる小”としてリノベーションした、れっきとした宿泊施設です。それでは、小学校というステージを最大限に活用した遊びの提案をご覧ください。

朝礼

校舎

“さる小”へキャンプに向かう20名ほどの団体と合流し、都内から車で約2時間半。自然豊かな山々に囲まれた“さる小”は、廃校と聞いてイメージしていたそれとは違い、宿泊やレクリエーション用にきちんと整備された施設でした。緑のなかにたたずむ2階建ての木造校舎は、なんとも味わい深く温もりを感じます。

朝礼 しおり

まずは班ごとに整列し、担任(=幹事)から守るべきルールの説明。基本事項やスケジュールなどは、しおりにまとめておくとみんなが分かりやすくて、かつテンションもアップ! ラジオ体操で身体をほぐしたら、1日の始まりです。

1時限目:オリエンテーション

廊下

まずは、オリエンテーションも兼ねて校内探索。

6年 理科室_DSC_4090

懐かしい教室の風景。もちろん机とイスは小学生サイズです。

図書室

図書室の本棚には書籍がずらり。ちなみに校内はWi-Fiが使えるので、仕事を持ち込んでしまった方も静かなここなら作業がはかどります。

1 2 3 4次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。