ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虹色に光る傘! 暗い夜道や待ち合わせにも便利『レインボーフラッシュLED傘』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


センチュリーは、同社リテール事業『白箱.com』にて、7色に発光するLEDを搭載した、実用的かつユニークなアイテム『レインボーフラッシュLED傘シリーズ(子ども用/大人用)』を6月中旬より発売します。雨の日のユウウツな気分、そして暗い夜道を明るくし、人ごみでの待ち合わせなどでも「ピカッ」と光ることで目印にもなれる便利な傘です。

『レインボーフラッシュLED傘(子ども用)』は、本体親骨の先端部と石突のLEDが単色で発光する『ホワイト点滅』と、7色がランダムに発光する『ランダムレインボーフラッシュ』の2パターンがあり、子ども心をワクワクさせるるアイテムです。また、本体グリップ部分にも白色LEDを搭載。足元を明るく照らしますので雨の夜道を歩きやすくします。塾通いなどで夜遅く帰宅する子どもたちの、防犯・交通安全のためにも一役買いそうですね。全長約68cm、開傘時直径約82cm、重さ約350g、電池寿命(単四乾電池3本)は1日2時間使用して約12日間。販売価格は1280円(税込み)です。

『レインボーフラッシュLED傘(大人用)』は、中棒と石突のLEDが7色それぞれに単色で点灯、そして7色が2種類のスピードで点滅する、全9パターンで発光します。『子ども用』と同じく、本体グリップ部に白色のLEDを搭載していますので、足元を明るく照らすだけでなくカバンに入れた携帯や財布を探したいときにも便利です。全長約82cm、開傘時直径約102cm、重さ約450g。販売価格は1480円(税込み)です。

特に雨の夜は、傘のせいで足元が暗くなって段差などを見落としてつまづいたり、前方が見えにくくなってしまいます。危険を誘発する傘をLEDで明るく照らせば、「転ばぬ先の杖」ならぬ「転ばぬ先のLED傘」になるというわけです。ちょっと目立ちそうですが、雨の日のお楽しみアイテムとして一本いかがでしょうか? ちなみに、LEDが点灯していないときは「いたって普通の傘」としてもご利用いただけますよ。
 
 

■関連記事
これはもう虫そのもの! 予測不能なナゾの生命体『HEX BUG nano』が日本上陸
電源&PC不要! 持ち歩いてどこでも使える『スーパースリムスキャナA4』
業界初! 繰り返し充電できるリチウムポリマー電池内蔵『USB&ソーラー扇風機』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP