ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ヤフオク】これは凄い! ドリームキャスト本体が49万円で落札される!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ゲームメーカーのセガは、プレイステーション、Xbox、Wiiなどにゲームを提供しているが、かつてはゲームハードを販売していた。その一つがドリームキャストである。

ネットオークションの『ヤフオク』にて、ドリームキャスト本体が491000円もの価格で落札された。コレクターにとって、ドリームキャストは現在も価値のある本体なのだろうか?

落札されたのは『ドリームキャスト バイオハザード コード:ベロニカ S.T.A.R.S Ver』。未使用品として出品されており、写真を見るかぎり新品同様のようである。

一部のマニアだけが競り合いをしていると思ったが、141回もの入札が入っており、複数の人達から入札が入っていた様である。

これは2000年に発売された限定版のドリームキャストで、当時の価格は34800円。それが10倍以上の価格になって落札されたのだから驚きだ。カラーはブルーのスケルトンで、コントローラも同様の色。

一部の人しか買えないレアなドリームキャストだったらしく、その部分がレア度を高めた理由と言えるだろう。ドリームキャストに限らず、非売品や限定のゲームハードは高額で取引されている。

もしかすると、自分の家にしまってある過去のゲームハードが高額で売れるかもしれない。試しに、押入れを調べてみるといいかも?

※写真はヤフオクより引用しました

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP