体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤いアフリカの覚醒ーLuanda, Angola(アフリカさるく紀行)

赤いアフリカの覚醒ーLuanda, Angola(アフリカさるく紀行)

今回はSusumuAfricaさんのブログ『アフリカさるく紀行』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/614077をごらんください。

赤いアフリカの覚醒ーLuanda, Angola(アフリカさるく紀行)

アンゴラはコンゴ共和国とコンゴ民主共和国に挟まれた飛び地カビンダとコンゴ民主共和国の南部に位置する本土に二分されています。私たちはコンゴ共和国からカビンダ、コンゴ民主共和国を経てアンゴラ本土に入るルートを選択しました。

カビンダの休日

コンゴ共和国のポアントノワールから1時間ほどでカビンダのボーダーにたどり着きます。カビンダは海岸線が200kmに満たない、アンゴラ本国と比較するとかなり小さい飛び地ですが、この海岸線に点在する油田のために重要視されています。

コンゴ共和国とのボーダーからおおよそ半日でコンゴ民主共和国へのボーダーへたどり着きます。カビンダの道路は比較的上等に舗装してあり、快適なドライブでした。海岸線にはマングローブの木々が折り重なるように葉を茂らせていました。その林の先には石油採掘プラントが見えます。

コンゴ民主共和国へ到着しカビンダを出国しようとしたところ、なんと祝日と週末のために3日間出国できないことがわかりました。なぜ入国できたのか、よくわかりませんが、この小さな飛び地で袋小路になってしまいました。

カビンダでは路上で少量の玉ねぎ、トマト、チリを売っている以外は、マーケットのようなものを目にすることはありません。ときたまバーがあったり、ガソリンスタンドに併設されている小さなお店くらいしか現金が流通する場はないように思います。

この国境での休日はなかなか貴重な体験でした。私もメンバーもポルトガル語を話せる人は一人もいないので、ジェスチャーや片言のリンガラ語で会話することになります。国境にポツンと立っている小さなバーでリンガラ・ポップスとコーラ(私はお酒は飲めないので)に酔いしれました。また、近所のおばちゃんがコンロを貸してくれたり、料理を見せてくれたりと、珍客を手厚くもてなしてくれました。

そんなカビンダの国境に3日もいるとなんだか別れが名残惜しくもなってきます。はっきりいってバーと税関以外には何も建物が見当たらない味気ない場所ですが、この地で毎日生きている人の生活を教えて頂き、招いて頂き、一緒に酒(私はコーラですが)を酌み交わし、踊った思い出は一生忘れないと思います。
地図の上では小さな小さなカビンダですが、そこには石油バブルにより高騰するアンゴラ経済とは無縁の、慎ましやかに、でも日々の生活を全うしている人々がいました。地図だけでは見えてこないアフリカの姿を少し覗けた気がします。

赤いアフリカの覚醒ーLuanda, Angola(アフリカさるく紀行) 赤いアフリカの覚醒ーLuanda, Angola(アフリカさるく紀行)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/07/016.jpg
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/07/025.jpg

アンゴラをゆく

コンゴ民主共和国のマタディを抜けてアンゴラ本土へ入ると、しばらくして熱帯雨林地帯から乾燥帯へと変わっていきます。道路も粘土質の赤土跳ね返るオフロードから、砂埃舞うハイウェイに変わっていきます。

下校中の生徒たちはみなお揃いの白衣を着ています。ひょこひょこ歩く年少の子まで、みな小さなお医者さんのような格好です。この白衣がアンゴラ共通の学校の制服のようです。アンゴラ全土で白衣を着た子どもたちをよく目にしました。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy