ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

XiaomiのTegra K1タブレット「MiPad」が中国で発売、早くも製品版でベンチマークテストが行われる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

小米科技(Xiaomi)のTegra K1タブレット「MiPad」が7月1日に中国で発売され、早くも製品版でのベンチマークテストが行われました。MiPadは世界初のTegra K1タブレットになるのですが、Xiaomi初のタブレット製品でもあります。XiaomiはMIUIというAndroidベースのカスタムROMを自社のスマートフォンで採用しており、MiPadでも同様にMIUIを採用しています。しかし、UIはタブレット用にカスタマイズされています。7月1日にはMiPadの16GB・ホワイトカラーが数量限定で販売されましたが、当日中に完売しており、現在は第2次の販売を待っているという状況です。1,499元(約24,600円)という安さも手伝って速攻で売れたのでしょう。MiPadは7.9インチ2,048×1,536ピクセルの液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra K1 2.2GHzクアッドコアプロセッサ、6,700mAhバッテリーなどを搭載した小型ながらもハイスペックなAndroidタブレットです。製品版のベンチマーク(Antutu)はトータル39,798点でした。Snapdragon 801を搭載した現在のハイスペックモデルの35,000点前後に比べて頭ひとつ飛び抜けているという感じです。さぞ、UIは滑らかでアプリの動作も機敏なことでしょう。

Source : 手机中国


(juggly.cn)記事関連リンク
Android “L”のコードネームはLava Cake(ラバケーキ)?
ほとんどのAndroid端末で接続したWi-Fiネットワーク名を発信してしまう問題が見つかる、住んでいる・勤めている場所などを他人に知られる可能性あり
HTC、5インチエントリーモデル「Desire 516」を欧州で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。