体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外の3G版『iPad』は日本で契約できない

iPad

北米やヨーロッパなど、海外で購入した3G版『iPad』では、日本でケータイ通信網の契約ができないことがガジェット通信編集部の調べにより判明した。日本と同様、海外ではすでに3Gのケータイ通信網を利用できる『iPad』が発売されているが、日本に持ち込んでもソフトバンクモバイルで契約できないというわけだ。

日本で発売されている3G版『iPad』は他国の同製品とは違い、SIMロックがかかっている。SIMロックとは特定のケータイキャリアのSIMカードしか使用できないように利用制限をする機能。つまり、日本の3G版『iPad』はソフトバンクモバイル以外のドコモやauなどのケータイキャリアでは契約できないことになる(SIMロックによりSIMカードを挿入しても使用できない)。

ソフトバンクモバイル某店舗の説明では「日本でソフトバンクモバイルが販売した『iPad』しか3Gの契約ができないんです。海外の『iPad』をソフトバンクモバイルに持ち込んでも、契約することはできません」とのこと。

3G版『iPad』は、日本のみがSIMロックがかかっている状態で販売されている。ソフトバンクモバイルとしても、あえてSIMロックで販売しているのに、SIMフリー(どこのケータイキャリアのSIMカードも使える状態)の『iPad』を持ち込まれるのは、日本での『iPad』市場を独占できないという点において嬉しいことではないのだろう。

どうしても海外の3G版『iPad』を日本で使用したい人は、ソフトバンクモバイルの3G版『iPad』に装着されているマイクロSIMカード(通常のSIMカードより小型のSIMカード)を海外の3G版『iPad』に挿入して使用するなど、工夫が必要かもしれない(互換性に関しては理論上可能というだけで、未検証であり自己責任で試していただきたい)。

ドコモやauなどのSIMカードを削ってマイクロSIMカードサイズに改造し、海外の3G版『iPad』で使用するという裏技もあるらしいが、SIMカードの破損やパケット通信が使い放題にならないなどの不安点・不明点があるようなので、あまりオススメできない方法だ。

イラスト原画: まそ先生(2ch全AAイラスト化計画

■最近の注目記事
ミッフィーが変形する図がスゴイ! 有名ゲーム開発者が描く
マジで楽なバイト20選! たった5日で25万円のバイトも
任天堂社員が傷害容疑で逮捕! ゲームユーザー「エリートなのに勿体ねぇな 」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。