体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Tips : Google検索アプリv3.5において日本語でも「OK,Google」機能を有効にする方法

デジタル・IT

Android版Google検索アプリはv3.5へのアップデートで「OK,Google」と言うだけでGoogle検索を呼び出せる機能が日本語にも対応したのですが、おそらく、設定メニューはグレーアウトのままの人がほとんどだと思います。この記事ではroot化端末ユーザー対象に、日本語設定でも「OK,Google」機能を有効にする方法を紹介します。日本語で「OK,Google」機能を利用できるようにするにはGoogle検索アプリのデバッグモードを有効にする「Unleash The Google」を利用します。これをインストールしてGoogle検索アプリの「強制終了」を実行し、本アプリを起動してrootアクセスに許可を与えます。そして再度、本アプリを起動します(アプリ自体はUIを持っていないのですぐに停止したように見えます)。すると、Google検索アプリの設定メニューの「音声」をタップすると、“「OK,Google」の検出”が選択可能な状態になるので、その中に入ってチェックを入れます。

これで音声検索の言語設定が日本語でもGoogle NowランチャーとGoogle検索の画面上で「OK,Google」と言うだけで音声コマンド・検索が実行できるようになります。日本語の場合は「オーケーグーグル」という風に言い方を変えないとうまく反応しません。v3.5では、「音声履歴」メニューも追加されています。これはロック画面やGoogleアプリ以外でも「OK,Google」機能を有効にするために実装されたもので、米国ユーザーは「音声履歴」を有効にした後、「音声」→「任意の画面から」をONにすると、どの画面からでも「OK,Google」が発動します。日本語の設定ではどうも利用できなさそうです。

Source : Google

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会