ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エッセイ・イラスト集から絵本まで! デザインフェスタギャラリー『ZINETEN 2』出展本が本気すぎ [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『オタ女』をお読みの皆さんはZINE(ジン)ってご存知でしょうか。”MAGAZINE”(マガジン)から”MAGA”(大量に)を取った言葉で、個人的に制作されて、商業的でない小冊子を指します。要するに同人誌のことなのですが、コピー本や豆本、フリーパーパーなども含まれ、より自由な表現手段として制作する人が増えています。

そんなZINEをジャンルレスに集めた企画展『ZINETEN 2』が、東京・原宿のデザインフェスタギャラリーで2014年7月5日まで開催。同人誌即売会とは一味違った本が70冊以上並び、購入も可能です。

展示スペースは、デザフェスギャラリーEASTのエントランス。道路に面した開放的な中、壁やテーブルにZINEが並んでいます。

さまざまなアート作品を扱うギャラリーだけに、イラスト集が目立ちますが、映画のエッセイや詩集も。さらに、本格的な製本の絵本が積み上げられており、その本気度に驚かされます。

「もふもふで、ふわふわで、あまくて、いいにおいのする、どうぶつたち」のイラスト集を多数出展しているmofuwaさん( http://mofuwa.com/ )。ハッキリとした色と線は、どことなく欧州圏の香りがします。デザフェスギャラリーは外国人観光客が多く、取材中に立ち止まって手にする姿も見かけました。

一冊ずつ手製本したZINEも。yukimushiさん( http://ameblo.jp/starleafandflower/ )の『ちいさな押葉』は、木とクリップで留められ、その上から紐で結ばれていました。やさしい絵柄も相まって乙女度の高い一冊です。

紙雑貨の制作などの活動をしているパンと編集さん( http://panhen.web.fc2.com/ )が出している『レトロノトモ』。レトロ印刷という印刷手法を実際に体験できるキットになっており、オリジナルの封筒が作れます。クリエイター指向の強いギャラリーと相性のよさそうなZINEなのではないでしょうか。

すべてのZINEは、壁にクリップで引っ掛けられており、中身を確認するだけでも時間が過ぎていきます。デザフェスギャラリーにはカフェが併設されているので、購入してすぐドリンクを飲みながら読むというのもおススメ。一般の本屋さんとは毛色の違った、オリジナリティのある本が見つかるかもしれません。

『ZINETEN 2』概要

日時:2014年06月22日~7月05日
   11:00~20:00(最終日は18:00まで)
会場:デザインフェスタギャラリー EAST館入口
   東京都渋谷区神宮前3-20-18
   03-3479-1442

『ZINETEN 2』(DESIGN FESTA GALLERY BLOG)
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2014/06/zineten-2.html

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP