ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『武器人間』の吹き替え版映像がイベントで初公開に 「これ『ドラえもん』そのものだろ!」[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


映画『武器人間』Blu-ray&DVDの7月2日発売を記念し、高橋ヨシキさん、ジャンクハンター吉田さんらをゲストに迎えたイベントが開催。ニコニコ生放送でもこの模様が中継された。ここで、誰もが気になっている新旧『ドラえもん』声優陣が出揃った吹き替え版映像もちょっぴり解禁となった。

関連記事:【速報】吹き替え版がまるで国民的アニメ? ナチスのぶっとびホラー映画『武器人間』Blu-ray&DVDついに発売!!

吹き替え映像は、正直「まんまドラえもんじゃねーか!」とツッコみたくなるような仕上がりである。
肝付兼太さんの担当したヴィクター博士は、年齢にあわせた渋い演技ではあるもののスネ夫感がにじみ出ており思わず笑ってしまう。公開されたのは「さあ入って!ついてきて!」とご自慢の武器人間工場を案内するシーンだが、そのしゃべり方はまるでスネ夫がパパに買ってもらったものを自慢するかのようだ。
さらに、たてかべ和也さんが吹き替えたソ連偵察部隊ノビコフはジャイアンの声とほぼ違いがないほどの演技で会場は大爆笑。頭のなかでジャイアンの声で「おーら、サシャ! 遊ぶんじゃないよ」と言ってみてほしい。吹き替えはその想像のとおりの仕上がりである。なお、このジャイアン……いやノビコフが叱りつけている“サシャ”を演じているのは、のび太役でお馴染みの小原乃梨子さんである。小原さんの演技も気弱なのび太の声そのまま。本編ではまさしく『ドラえもん』的なドタバタが観られるのではないだろうか。

この豪華声優陣はみんな最初はこの依頼を断ったそうだが、小原乃梨子さんの息子さんが今作を知っており、「『武器人間』の仕事なら受けなよ」と説得してくれたそうである。これにはニコ生リスナーからも「息子ありがとう」「息子グッジョブ!」「息子人間」などの賛辞が贈られた。

また、本編には「おおっ」となるような小ネタがたくさん仕込まれているとのこと。ゲストの高橋ヨシキさんも「タイトルを『ブキえもん』にしたほうがいいのでは」とコメント。
なお、公式の見解では「意図して国民的アニメの声優陣を揃えたわけではなく、あくまでも偶然である」とのことである。でも誰が聞いてもドラえもん……ゲフンゲフン。

とにかくBlu-ray&DVDでは、字幕版で『武器人間』の元々のカルトな魅力を堪能し、吹き替え版でまるで国民的アニメのような『武器人間』を堪能し……と、二度楽しめる作品になっているようだ。

なお、こんなカルトな映画を発売するという英断をしたソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントによると、「担当者が予告編だけ観て買い付けて、そのまま辞めてしまった。最初に映画本編を観たときは“騙された!”と思ったが、最後まで観たら悪くなかった。Blu-rayで映像のクオリティもあがっているので是非ご覧いただきたい」とのことである。

『武器人間』Blu-ray&DVDは7月2日発売。非常に楽しみである。

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP