ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マニアなら一度焚いてみたい1kgを切る布製焚き火ギアを試す[焚き火部]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェ通焚き火部です。そろそろ梅雨もあけそうなこの時期。みなさんも毎日、焚き火のことを考えて過ごしているものと思います。ジメジメした雰囲気をぶっとばして焚き火やりたいぜ! でもでも、焚き火やりたいけど、都会に住んでたらなかなか焚き火できないもんね。わかるわかる、その気持ち。だから毎日焚き火をする妄想だけで過ごしているわけで。なんか書いてるうちにアブない人みたいになってきたけども。

んで、焚き火するにもいろんなスタイルがあり、それによって使う道具も変わってくるわけです。今回紹介するのは、めちゃめちゃ軽量の焚き火台。

「ワイヤフレーム」という名前でモノラルというメーカーさんがつくってます。

重量はわずか980グラム。
なんと、この焚き火台の薪を置く部分は、布。

ただしこの布、特殊耐熱クロスなのでこの上で焚き火をしても燃えない。そして、布なので、クルクルッと巻いて収納できる。脚部は折りたたみできて、これまたコンパクト。折り畳めば長さ37cmの棒状にまとまるので、カバンに放り込んでいざ焚き火へ、ということもできる。

このサイズ、この軽さで焚き火ができるってのが非常にそそりますよね。
ちなみに焚き火台の上部は36cm × 36cmとなってます。

カバンにこの焚火キットやら火打ち石やらをサッと放り込んで、颯爽と焚き火にでかけることができるのって、焚き火好きにとってはなんとも羨ましい。

というわけで早速ワイヤフレームで焚き火してみます。

組み立ては実に簡単。折りたたんだ2つの脚部を伸ばし、真ん中で接続。これで脚部の完成。あとは耐熱クロスをひろげて、クロスの外側にあるワイヤを脚部の上部4箇所にひっかけるだけ。1分もあれば焚き火台の組み立て完成。

そして今回は、メーカーのモノラルさんから、小型の鉈(なた)もお借りしました。その名も「小割銀鉈(こわりぎんなた)」。こいつもなかなかコンパクトで見た目も美しい一品です。

小割銀鉈については、別記事で書いてますので、そちらをご覧ください。

さて、この小割銀鉈で、薪を細く割って、焚き付けをつくり、焚き火台の耐熱クロスの上に並べていき、火起こしをおこないます。

実際、火を起こしてみると、布だといっても、空気が通りやすい素材ではないので、ジャンジャン燃える、というわけではないです。

火床となっている部分が、金属製であれば火を起こすと熱くなっていきますが、耐熱クロスだと熱くならないという点が火に影響を及ぼしているのでしょうか。

ステンレスメッシュの火床を試す

軽量焚き火台「ワイヤフレーム」には、オプションで、ステンレス製の「焚き火メッシュ」というものあります。これは、耐蝕性ステンレスでできている網で、耐熱クロスの代わりに使うことができます。見た目は、目の細かい金網ですね。

今回、これも試してみました。

このステンレスメッシュは、見た目が非常に面白いですよね。不思議な感じ。細かい網なので、真上から見ると、網があまり見えず、焚き火が空中に浮いているように見えるんです。

これに火をつけると、何もない空中で焚き火をやってるような。
知らない人が見たら、一瞬「あれっ?」と思うんではないでしょうか。

こちらはクロスに比べると、風通しがよいため、火の勢いはあるように感じました。
下からウチワであおぐことができる、ってのは斬新。
クロスだと火勢が心配だという場合は、こちらを試してみるのも手かと思います。
さらに良い点としては、クロスよりも耐久性が高い、とのことです。

なお、ワイヤフレームには、「五徳アタッチメント」というオプションがあり、これをつけると、上に鍋やヤカン、アミ等を置きやすくなります。ちょっとした調理をやりたい時に重宝します。

撤収も非常に楽

実際設置から撤収まで試してみて、撤収が楽だなぁと感じました。
まず、布なので熱くならない。なので、灰を払い落とせば、すぐにしまうことができます。
灰や燃えカスの処理も、炭ツボなどの上でパッパッと払い落とすだけです。

収納も、布をクルクルと丸め、脚部をはずして折りたたむだけで完了です。
重い部品もないので、椅子に座ったままサッサと片付けられ、非常に楽でした。

本格的な調理などをおこなおうと考えると、他の選択もあると思いますが、
ひとりで焚き火して、ちょっとした料理をつくる程度であれば、
この焚き火台で十分可能でした。

なによりこのコンパクト&軽量な点が魅力です。ひとりキャンプやツーリングにはもちろん、車でキャンプにでかける場合でも、トランクの隅にポンと放り込んでおきたいですね。

行き先にBBQコンロが置いてあるとわかっている場合は、サブで焚き火台を持っていくかどうか迷うこともありますが、この焚き火台であれば、迷わず予備の焚き火台として入れておけます。持っておけばいざというとき活躍するに違いありません。

オプションの「焚き火ツールラップ」というツールバッグを使えば、先ほど紹介した、小割銀鉈(こわりぎんなた)とひとまとめにしていつでも持ち出せる状態にしておくことができます。これひとつ持ち出せば、焚き火ができるなんて、なんて素敵なんでしょう。

ガジェ通焚き火部的には、非常にそそられる焚き火ギアでした。

(ガジェ通焚き火部)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。