ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新刊レビュー】角田光代著作『平凡』 6つの人生の「もし」がしみじみ心に染みる小説集

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新刊レビュー『平凡』

書誌情報

どんな本?
つい想像してしまう。もしかしたら、私の人生、ぜんぜん違ったんじゃないかって――。

もし、あの人と別れていなければ。結婚していなければ。子どもが出来ていなければ。仕事を辞めていなければ。仕事を辞めていれば……。もしかしたら私の「もう一つの人生」があったのかな。どこに行ったって絶対、選ばなかった方のことを想像してしまう。あなたもきっと思い当たるはず、6人の「もしかしたら」を描く作品集。

【目次】
もうひとつ
月が笑う
こともなし
いつかの一歩
平凡
どこかべつのところで

読みどころ

淡々と語られていく6人の人生。
自分の「もし」を思い、“平凡”な今があることを感慨深く思える作品。

レビュー

読了時間:2時間30分
オススメ度:★★★★☆

自分の身近にいた人、あるいは「あの日あのとき」分岐してしまった自分と、今ここにある自分の人生を比較しながら、「もしかしたら」と思いを馳せる――。

角度を変えて、繰り返し「“平凡”でいいじゃないか」と諭される作品だった。決して考えを押し付けられているのではなく、本当にしみじみと。
6作品すべての主人公が30代であり、“結婚”“離婚”が関わるストーリーだったのは少々物足りない。仕事や夢の「もし」を深く掘り下げたものも読んでみたかった。

『もうひとつ』
不倫友人カップルと夫とともに、ギリシャを旅する主人公。いつもとは違う、友人らの喜怒哀楽の激しさに戸惑いながら、自分の“もうひとつの人生”の可能性について考えるようになる。
旅は確かに、普段の自分から離れて、自分を見つめ直せるツールだ。そこからの気づきにはハッとさせられた。

『月が笑う』
突然、妻に離婚を迫られた男。どうしていいかわからず、惨めな思いに苦しみあえぐ。
積み重ねていくと、“許す”ということがなんと難しくなることか。しかし、許し、許されてきたからこそ、今笑うことができるのだと思う。

『こともなし』
料理ブログを書き続ける主婦。日常の機微を通して、別れた恋人が不幸になってほしいと年々強く思う。
自身もSNSへの投稿は、誰に向かってやっているのかと考えさせられる内容だった。

『いつかの一歩』
昔の彼女が営むお店に足を運んだ男の話。今となってみて、彼女とならうまくいったのでは、いくのでは……と仮定してしまう。
過去の恋人を美化して思ってしまうのはよくあること。やり方は賛否両論あるものだが、そこから一歩踏み出すことで、人生が紡がれていく様が描かれている。

『平凡』
この小説集の中でいちばん“平凡”な主婦が、有名人となったかつての同級生と過ごすことで、自分の“地味”な日常に気づきを得る。
久しく会ってない友人とそれまでの人生を語らう面白さの理由が、この物語で一つわかるかもしれない。

『どこかべつのところで』
行方不明となった飼い猫を探す主人公が、猫の目撃証言を寄せてくれた女性とともに“選ばなかった自分”を思い浮かべる。
“後悔”について考えさせられる作品。

詳細情報

書籍名:平凡
著者:角田光代
価格:1400円(税別)
出版社:新潮社

※表紙画像、書誌情報は新潮社公式ホームページより
http://www.shinchosha.co.jp/book/434606/

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。