体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指せ!狩りガール no.4 猟銃所持許可への道。初心者講習会に行こう。<準備編>(目指せ!狩りガール)

目指せ!狩りガール no.4 猟銃所持許可への道。初心者講習会に行こう。<準備編>(目指せ!狩りガール)

今回は一般社団法人 大日本猟友会さんのサイト『目指せ!狩りガール』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://otajo.jp/39909をごらんください。

目指せ!狩りガール no.4 猟銃所持許可への道。初心者講習会に行こう。<準備編>(目指せ!狩りガール)

ありちゃん:食べることが大好き、アウトドアもちょっと好きな会社員。ひょんなきっかけから「ハンター」を目指すことに。東京都内在住。

カリタロー:狩りガール活動を応援するジビエ好きの犬。ありちゃんと一緒に勉強して、いつかカッコイイ猟犬になるのが夢。

だいぞう師匠:猟友会に所属している優しきオジサマハンター。自然のことにも詳しく、ハンター仲間として若者を育てています。

目指せ!狩りガール no.4 猟銃所持許可への道。初心者講習会に行こう。<準備編>(目指せ!狩りガール)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://kari-girl.com/img_contents/vol4_ttl.png

だいぞう師匠:こんにちは。ハンターのだいぞうです。ありちゃんが猟銃を持つためには「銃刀法」に基づいて都道府県公安委員会による所持許可を得なければいけないんだよ。そのためにはまず、「猟銃等講習会」の初心者講習を受講して、筆記試験に合格する必要があります。今回はその準備の話。

ありちゃん、出頭する?

ありちゃん:あー、キンチョーしたー。

カリタロー:どうしたの?

ありちゃん:警察に行ってきたの!キンチョーしたー。

カリタロー:けっ、けっ、ケーサツッッ!?ありちゃん、何か悪いことしたの?捕まっちゃうの?ぼ、僕も一緒にあやまりにいってあげるよっ!そうだ!だいぞう師匠にも相談して……

ありちゃん:アハハ、落ち着いて。悪いことをしたわけじゃないの。猟銃を持てるように申請に行ってきただけなんだよ。

カリタロー:ヘッ?申請?

ありちゃん:うん!日本には銃刀法があるから、猟銃を持つために許可がいるの。

カリタロー:なんだぁ、びっくりしたワン。狩猟をしたいからって、自由に銃を買って持つわけにはいかないもんね。

ありちゃん:銃を手に取るだけでも罰せられるんだよ。他国と比べても日本の銃規制はとっても厳しいんだって。そこで必要なのが猟銃の所持許可。まずは公安委員会の初心者講習を受けて「講習を受けましたよ」っていう証明書を交
付してもらわないといけないの。その窓口が警察なんだよ。

カリタロー:それでケーサツに行ってきたんだね。

ありちゃん:そうだよ。まずは申し込みね。ワタシの場合、何が必要なのかわからなかったから、先に警視庁のサイトで問い合わせ先を調べて、電話をして聞いてから申し込みに行ったの。目指すは生活安全課。

カリタロー:おまわりさん、こわくなかった?

ありちゃん:ふふふ。ほら、まず警察署の入り口って門番みたいなお巡りさんがいるでしょ?挨拶されただけで、何だか緊張しちゃった(笑)。はじめての出頭かも?

カリタロー:ありちゃん、それ、出頭と違いまっせ。

http://otajo.jp/files/2014/06/vol4_ttl.jpg

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://kari-girl.com/img_contents/vol4_photo01.jpg
悪いことはしていないのに、なぜか緊張して挙動不審になっちゃったありちゃん。でも警察の方は親切に教えてくれましたよ。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。