ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マジなのかジョークなのか…… 「書くだけで涙が流れる」ノートブックのティザーサイトがなんかクサい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

映画やドラマなどストーリーに限らず、「泣ける!」ということをウリにしているアイテムが数多く登場していますが、「書くだけで涙が流れる」とうたったノート『Onion Note』のティザーサイトが登場。発表したのはアメリカ・シリコンバレーを拠点とするベンチャー企業Magnus Ferreus(マグナス・フェレウス)で、「新しいガジェットか!?」と思いきや、どうやら実際にペンで紙に書くホンモノのノートのようです。

ティザーサイトには、CEOのTomas.Parker(トーマス・パーカー)氏が登壇している動画を掲載。このようなプレゼンや基調講演があれば、事前にメディアの耳に入ってきてもおかしくはないのですが、そんな話は聞いたことがないぞ……。

とにかく、映像ではパーカー氏が20年に渡ってノートを作ってきた実績を誇りつつ、「みんなが使っているノートに革命の日がきた」と高らかに宣言。「皆さんはどうノートを使いますか? 勉強、仕事、家計簿……でもそこには感動はない。でもそれも昨日までの話だ」といいます。

そして、そこで取り出したのは、玉ねぎ一個。「泣ける」って、物理的に涙を流せるということなのかよ!

パーカー氏によれば、『Onion Note』には表面にオニオンの成分が塗られており、書くたびに気化される「F.V」という独自技術を使用しているとのこと。これにより、「印象的にメモをとることができる。だから忘れることもありません」と主張しています。また、薄さは0.024mmで、オニオン由来のトリートメント効果による書き心地は「圧倒的」だとか……。さらに、ノート専用のイーゼルスタンドも付属されるといいます。

Magnus Ferreus(YouTube)
http://youtu.be/vsnypPaW9YQ

そもそも感動することと涙を流すことは別モノだろう、という至極当然なツッコミを入れたくなるこの『Onion Note』。こんな商品が店頭に並んでしまっては、玉ねぎ嫌いの人にとっては迷惑な話にも思えるのですが……。

いずれにしても、世界に先駆けて日本で先行発売ということ以外に発表されている情報が少なく、マジなのかジョークなのか判断が難しいところ。今後も順次新しい情報を出していくということなので、続報が待たれます。

ONION NOTE~それは、書くだけで涙がこぼれる世界初の感動ノート~
http://onionnote.com/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP