体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウル4! スマブラ! フロリダで行われる大規模ゲーム大会に日本のプレイヤーが多数参加!! プロゲーマーももち選手に直前インタビュー

momochi

2011年7月に『Evil Genius』とスポンサー契約を結んだプロゲーマーの“ももち”選手。カプコンの格闘ゲームを得意とし、闘劇やトパンガリーグなどで数多くの輝かしい実績を残している。戦国時代の忍者、伊賀忍術創始者百地丹波(ももちたんば)の子孫でもある。

所属する『Evil Genius』は世界最大級のプロゲーマーチームで、MonsterEnergy、BenQ、Razerと多くの企業がスポンサーとして名を連ねており、格闘ゲームだけでなく『StarCraft2』『League of Legends』など、さまざまなゲームのトッププレイヤーが在籍している。先日シンガポールで行われた大会SEAMでも『ウルトラストリートファイター4』部門で優勝しており、6月26日~28日にカルフォルニア オーランドで行われる大会CEOでの活躍が期待されている。

今回はそんなももち選手に様々な質問をぶつけ、“プロゲーマーの素顔”に迫っていきたいと思う。

――先ずはSEAM2014優勝おめでとうございます。参加するにあたり自信はありましたか?

ももち選手(以下ももち): 大会直前に自分の中で一つステップアップできた部分があったので、自信というよりはどうなるだろうという期待がありました

――優勝した時のお気持ちはいかがでしたか?

ももち: シングルトーナメントの優勝が久しぶりだったので嬉しかったです。気づいたら思わずガッツポーズしてました(笑)

――全試合ケンで行く予定だったのでしょうか? 参加メンバー次第ではジュリなど他のキャラを選択することもありえましたか?

ももち: ケン以外の選択肢もありましたが、最近はケンを重点的に練習していたので今回に関してはできるだけケンでいこうというのはありました

――新キャラクターへの攻略完成度はいかがですか?

ももち: どのキャラも対戦経験はまだまだ少ないです。特にエレナ、ヒューゴーとはほとんど対戦経験がないですね。最近出たディカープリも対戦経験は少ないですが、少し自分で使ってみたので多少は理解できてる部分もあります

――短期戦と長期戦(七試合先取、十試合先取など)どちらが好みですか? ご自身で得意不得意などありますか?

ももち: 勝ち負けを決める意味では十試合先取が一番好きですね。得意不得意は自分の中では特にないですが二試合先取、三試合先取などの短期戦の方が勝率は良いかもしれません

――短期戦の方が勝率が良いと感じているのは少し意外ですね。それは結果を見るとという感じですか?それとも対応力や戦術の幅といった意味でしょうか

ももち: 結果で見るとですかね。長期戦はこの前のトパンガリーグでやっとそこそこ結果が出たぐらいな印象です(それまでがコーディーというのもありますが)。やり込みの意味でも上位陣に比べると劣っている自覚があるので、当時は短期戦でだましだましやってた感はありますねぇ。あとは、なんだかんだ闘劇だったりの一発勝負の方がずっとやってきてたので長期戦には最近やっと慣れてきました(笑)。

――CEOで注目、警戒してる選手は?

ももち: インフィルトレーション選手。いろいろなキャラを高レベルで動かせるので『ウル4』でどういったキャラ選択をするのかも気になります

――EVO等、『ウル4』での注目、警戒してる選手は?

ももち: 新キャラを使う選手。新キャラは対策不足の部分も多いのでダークホースになるかもしれません

――ご自身のキャラ選びの基準はどのようなものになりますか?

ももち: 苦手キャラが少ないスタンダードなキャラですね。

――『ウル4』でやってみたいキャラはいますか?またおすすめのキャラは?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。