ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“悦び”を奪われた息子 奪った母 再びそれを与えた父――キム・ギドク監督の問題作『メビウス』上映決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『嘆きのピエタ』で2012年ヴェネチア国際映画祭・金獅子賞を受賞した、鬼才キム・ギドク。彼の最新作は、セリフを一切廃し、「笑う」「泣く」「叫ぶ」の3つの要素のみで描かれる“性”と“家族”のヒューマンドラマ『メビウス』だ。
過激な性描写で本国韓国でも上映制限のかかることとなったが、日本でもR18+指定にて12月6日より全国公開が決定した。

冷えきった関係の続く父・母・息子の3人の上流家庭。
夫とよその女との不貞に気づいた妻は、嫉妬に狂ったすえに夫の性器を切り取ろうと画策する。しかしあえなく失敗した妻は、その標的を息子へと変えるのだった。
そのおぞましい目論みを実行し、夫と息子を残したまま出て行く妻。性器を失い、“絶頂に達する”すべを奪われた息子は、性器を失くしたことで虐められ生きていく自信をも失ってしまう。“絶頂に達する”ことを知らぬまま生きていかなければならない我が子――罪悪感に苛まれた父は、性器を失くしても絶頂に達する“ある方法”を見つけ出し、それを教えることで息子との関係を築き直していく。そこへ、家を出ていた妻が戻り、家族はさらなる破滅の道をたどり始める――。

今作は、新宿シネマカリテ主催の『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2014』のクロージング作品として上映され、チケット即日完売の超注目作として迎えられた。
父役を『悪い男』『受取人不明』などキム・ギドクの初期作品に出演したチョ・ジェヒョン。母役と、父の浮気相手の女の二役をイ・ウヌ。苦悩する息子役を韓国映画界の新星ソ・ヨンジュが演じる。

『メビウス』
公開日:12月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開
配給:武蔵野エンタテインメント

(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP