ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トヨタやパナソニック、パイオニアなどがGoogle主導のOAA入り?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まもなく始まるGoogle I/O 2014カンファレンスでは、トヨタやパナソニック、パイオニア、アルパイン、富士通テン、JVCケンウッドの自動車メーカー・カーナビメーカーのOAA(Open Automotive Alliance)入りが発表されるかもしれません。上記のメーカーがGoogleと提携してAndroidを利用した車載システムの開発に取り組むと日経が報じました。OAAは、Androidを自動車に組み込むことを促進する業界団体で、自動車の情報端末を誰にでもより安全かつ直感的に操作できることを目指しています。OAA設立時の参加企業は、Google、Audi、GM、ホンダ、現代、NVIDIAでしたが、それ以外の大手メーカーも参加するということで、Androidの自動車への移植がいっそう活発になると予想されます。日経の報道によると、自動車向けAndroidでは、Androidの通信機能などを活用して、地図データの自動更新やマルチメディア機能の拡充、位置情報をクラウドに送信することで、パーソナライズされた渋滞情報や周辺情報を得ることなどができるそうです。Googleの自動車向けAndroidは、内部では「Google Auto Link」と呼ばれており、プロジェクション(投映)を主としたシステムで、ユーザーは自身のAndroidスマートフォンから車自体をコントロールしたり、カーシステムの表示画面を利用して制御できると伝えられています。また、別のところでは、「Google Auto Link」との関連性は定かではありませんが、自動車向けAndroidのスクリーンショットも出回っていました。Source : 日本経済新聞



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia用の外付けステレオマイク「STM10」対応の音声レコーダーアプリをGoogle Playストアにリリース
SNKプレイモア、新ゲームアプリ「ザ・リズム・オブ・ファイターズ」をGoogle Playストアにリリース、SNKの対戦格闘ゲームと画面タッチでリズムを刻む音楽ゲームを融合させたリズムアクションゲーム
NTTドコモ、スマートフォンラウンジをリニューアルした「ドコモラウンジ」を有楽町にオープン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP