ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

衝撃のヤフオク! 映画のポスターが190万円で落札される

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
metoro

映画のパンフレットやポスターにコレクターがいる事は知られているが、まさかポスター1枚に190万円ものお金を払える人がいるとは……。

オークションサイトのヤフオクにて、映画のポスターが1901019円で落札されたのである。入札件数は201件で、かなりの争奪戦になっていたようだ。でも、どうしてそんな高額になってしまったのか?

その映画は『メトロポリス』(Metropolis)。1923年に初上映され、日本では1926年に公開されたようだ。このポスターは、日本公開時のもので、年代的に戦前のものである。

かなり古い物だが、折りたたんだ跡が殆ど無いように見える。状態も良いようで、どこかで額に入れられたまま保存されていたものかも知れないが、詳細は不明だ。90年近く前のポスターがこれほど綺麗な状態で残っているとは驚きである。

『メトロポリス』は100年後の世界を描いたSF映画で、2026年の未来都市を映像化したものである。フリッツ・ラング監督が当時のニューヨークの摩天楼に感動し、未来都市を舞台とした『メトロポリス』を撮ったと言われている。

はたして、もうすぐやってくる2026年の世界は映画と同じような世界になっているのだろうか? 気になって映画を見たくなった人もいるのではないだろうか。

※画像はヤフオクより引用しました

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。