ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、SmartWatch 2やSmartBandからSony製Wi-Fiデジカメを操作できるAndoridアプリ「アクションカメラプラグイン」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony MobileがSmartWatch 2やSmartBandからSony製Wi-Fiデジカメを操作できるAndoridアプリ「アクションカメラプラグイン」をGoogle Playストアにリリースしました。アクションカメラプラグインは、スマートフォンにWi-Fi接続されたQXシリーズやその他のWi-Fi対応デジカメのシャッターを切ったり、プレビューを確認したり、撮影した写真・動画を削除することをSmartWatch 2やSmartBandから行なうことができます。SmartBandにはボタンしかないので、写真または動画を撮影する機能のみ利用可能です。このプラグインの良いところは、SmartWatch 2やSmartBandで撮影操作を行なうと、スマートフォンとWi-Fi対応デジカメが自動的に接続されることです。SmartWatch 2ではアプリアイコンをタップ、SmartBandではボタンを押して本体をタップすると次のような画面が表示され、周囲のWi-Fi対応デジカメを検索し、接続します。アクションカメラプラグイン」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleマップの累計インストール回数が10億の大台を突破
Galaxy Note 4とみられる「SM-N910A」は5.7インチ2Kディスプレイを搭載
Moto X+1はフルHDのAMOLEDディスプレイ、2GB RAM、新しいカメラモジュールを搭載するらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP